播磨 仁位山城(毛利軍が上月城攻めで利用した付城)

●播磨 仁位山城
住所:兵庫県佐用郡佐用町仁位
駐車場:東側の曲輪に駐車スペースあり
遺構:曲輪、畦状竪堀群、堀切、土橋、土塁
標高:231メートル/比高:41メートル

 天正5(1577)年、羽柴秀吉が毛利方の赤松氏(上月氏)が籠もる上月城を攻めた際に付城として築城したという説もあるが不明。天正6(1578)年、毛利軍が上月城に籠もる尼子再興軍を攻めた際に付城として利用した。毛利元就が出雲の月山富田城を包囲した際に本陣とした出雲勝山城と同じく周囲を畦状竪堀群で防御していることから可能性が高い。曲輪に関しては削平が甘い箇所が多く急造した感がある。

(佐用川の対岸から見た仁井山城。木が生えていない当時は畦状竪堀群が見えていたと思う)
佐用川の対岸から見た仁井山城

(向かって右が仁井山城で左が上月城)
右が仁井山城で左が上月城

(入口。ここも害獣対策のため自分で開閉するようになっている。道も整備されており車だと楽に山頂まで行ける。ちなみにこの辺りの字は出口や上ノ出口だが城と関係があるのだろうか)
入口

(曲輪P。ここに車が駐められる。場所は下の概略図を参照)
曲輪P

(曲輪群Ⅰ)
曲輪群Ⅰ

曲輪群Ⅰ

(曲輪Ⅱ。ここから上月城が見下ろせる。西の曲輪は削平がしっかりしてあった)
曲輪Ⅱ

曲輪Ⅱ

曲輪Ⅱ

(Aの堀切と土橋)
Aの堀切と土橋

Aの堀切と土橋

Aの堀切と土橋

(曲輪Ⅲ)
曲輪Ⅲ

曲輪Ⅲ

曲輪Ⅲ

(北端の曲輪群Ⅳ)
曲輪群Ⅳ

曲輪群Ⅳ

(戻って曲輪Ⅴ。ここから先は削平が甘い箇所が多い)
曲輪Ⅴ

曲輪Ⅴ

曲輪Ⅴ

曲輪Ⅴ

曲輪Ⅴ

曲輪Ⅴ

(B地点。小さな堀や曲輪があった)
B地点

B地点

B地点

(曲輪Ⅵ。便宜上、番号で分けているが境目が分からない)
曲輪Ⅵ

曲輪Ⅵ

曲輪Ⅵ

(曲輪ⅦとⅧ)
曲輪ⅦとⅧ

曲輪ⅦとⅧ

曲輪ⅦとⅧ

(堀切群C)
堀切群C

堀切群C

堀切群C

堀切群C

(曲輪Ⅸ)
曲輪Ⅸ

曲輪Ⅸ

曲輪Ⅸ

曲輪Ⅸ

曲輪Ⅸ

曲輪Ⅸ

(曲輪Ⅸから見た羽柴秀吉の本陣・高倉山城。と言ってもどれか分からんかった。多分、向かって右だと思うが。仁井山城が上月城と高倉山城の連携を断つ位置にある)
高倉山城

(Dの曲輪と堀切)
Dの曲輪と堀切

Dの曲輪と堀切

Dの曲輪と堀切

(仁井山城の一番の見所の畦状竪堀群。写真はEの辺り)
畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

(地点Fの周辺。横堀などがある)
地点F

地点F

地点F

(南側のG周辺にある畦状竪堀群。ここが一番分かりやすく、比較のためマネキンが立ててあった)
畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

畦状竪堀群

(畦状竪堀群を見た後、山道を下って上月駅にある売店でパンを買った。数キロ北に戻れば食堂などがあったが面倒だった)
山道

パン

参考文献:兵庫県の地名Ⅱ、兵庫史の研究:松岡秀夫傘寿記念論文集、中世播磨250の山城

感想:畦状竪堀群と上月城を見下ろす位置から勝山城など京羅木山城砦群を意識した感じがあり「月山富田城攻防戦の再現だ。今回こそ尼子再興を目指す奴らを滅ぼす」という毛利軍の強い意志を感じます。

(概略図。クリックすると別のタブが開きます)
概略図


写真の提供についてはこちらをクリック


目高の大築地(羽柴秀吉軍もしくは毛利軍の陣所跡)

●目高の大築地(羽柴秀吉軍もしくは毛利軍の陣所跡)
住所:兵庫県佐用郡佐用町目高
駐車場:不明
遺構:曲輪、土塁、堀
標高:401メートル/比高:326メートル

 南北に大築地があることからこう呼ばれている。地元では「おおつんじ」と呼ばれており、羽柴秀吉が第一次上月城攻防戦の際に築いたとも毛利軍が第二次上月城攻防戦の際に築いたとも伝わるが定かではない。西側に築地があることから秀吉築城説が有力だが、毛利軍が兵の駐屯のため利用した可能性もある。

(南砦の曲輪1。土塁があった。水源地があるとのことだったが見逃した。場所は下の概略図を参照)
南砦の曲輪1

南砦の曲輪1

南砦の曲輪1

(曲輪2)
曲輪2

曲輪2

曲輪2

曲輪2

曲輪2

(戻って北側に向かう。写真はAの地点で西側に土塁があるのが分かる)
Aの地点

Aの地点

(曲輪というより斜面の3)
斜面の3

斜面の3

(曲輪というより斜面の4)
斜面の4

(曲輪5)
曲輪5

(曲輪6。ここが北砦だろう)
曲輪6

曲輪6

曲輪6

参考文献:兵庫県の地名2、中世播磨250の山城、歴史と神戸:神戸を中心とした兵庫県郷土研究誌 29(4)、佐用の史跡と伝説 改訂増補

感想:自分は上月城からずっと歩いて来ましたが寄延や目高地区の鋪装された道を車で上がって山頂近くに駐車すると簡単に行けます。駐車する場所は自分で探してください。

(概略図。クリックすると別のタブが開きます)
概略図



柊神社(上月城の石釜)

●柊神社(上月城の石釜)
住所:兵庫県佐用郡佐用町寄延
駐車場:なし

 創建年代などは不明。上月城の戦いで炊飯用に利用したという石釜がある。

(全景)
全景

(拝殿)
拝殿

拝殿

(本殿。石釜はこの土台部分か? 上月城の戦いの際、利用された土塁があるということだったが後ろの少し盛り上がった部分だろうか。土塁があるということはここも砦だったのだろう)
本殿

本殿

感想:場所を見てもらったら分かりますが行くには登山になります。
 石釜と土塁は目高の大築地の話かもしれません。資料の文面が分かりづらくて・・・。