山陰の戦国史跡を歩く 島根編

注目

「山陰の戦国史跡を歩く 島根編(ハーベスト出版)」を出版しました。全ての市と郡257ヶ所の戦国時代に関する史跡を写真付きで掲載しています。地図・コラム・年表・人物事典も充実しています。
山陰の書店と全国の地域史のコーナーに並んでいます。書店に置いてない場合は「ISBN:978-4864563185」でご注文下さい。金額は1800円+税となっております。
島根県内の資料館や博物館だと、安来市の「道の駅 広瀬・富田城」、松江市の松江歴史館、出雲市の古代出雲歴史博物館、大田市の石見銀山世界遺産センター、益田市の島根県芸術文化センター・グラントワ、で販売しているのを確認しています。

ネット通販でも購入できます。
ハーベスト出版 公式サイト
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
紀伊國屋書店 ※店頭受取可
未来屋書店 ※店頭受取可
honto
e-hon
TSUTAYA ※店頭受取可
キャラアニ.com
Honya Club.com
Neowing
ヤマダモール
ブックオフオンライン(新品)

内容については公式サイトから立ち読みが出来ます。
立ち読み_山陰の戦国史跡を歩く島根編

個人でもCMを作りました。ド素人の拙い動画ですので代わりに作って下さる方がおられたら、お会いした際にお菓子の詰め合わせくらいは御礼としてお渡しします。

山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編」も発売中です。島根県東部と鳥取県西部は密接な関係にあるため鳥取編も御購入いただけると理解が深まると思います。
令和時代に出た最初の島根県の戦国時代史跡ハンドブックです。御購入、何卒よろしくお願い致します。

島根編 注文書

「もっと知りたい! 長宗我部元親」電子書籍化

注目

 令和元(2019)年5月15日に「もっと知りたい! 長宗我部元親(PHP研究所、税込630円)」が電子書籍化されました!

 内容は下記の通りです。
☆本文・・・長宗我部氏の歴史を六章に分け会話形式で分かりやすく紹介しています。地図も豊富に入れて土地勘のない方にもなるべく理解していただけるようにしています。
☆感想・・・各章末に入れています。本文が古い説をもとに話を進めているため、出版した平成22(2010)年に主流となっていた説などを載せています。
☆人物事典・・・一族・家臣・四国各県の武将を紹介しています。一般に出回っている長宗我部関係の本より四国各県の武将の紹介にページを割いています。
☆史跡・・・長宗我部氏に関連した四国の史跡を紹介しています。ほとんどが公共交通機関で行ける場所です。
 この本の主題は「土佐統一~四国平定」の過程です。特に分かりづらい四国平定をざっくりと本文で紹介し、各武将の細かい動きを人物事典で解説するという形になっています。多少なりとも理解の助けになれば幸いです。令和2(2020)年の大河ドラマ『麒麟がくる』に出るであろう元親や四国状勢の予習に如何でしょうか。

 下記のサイトから購入できますので、よろしくお願い致しますm(._.)mm(._.)mm(._.)m
PHP研究所 公式サイト
Amazon/Kindleストア
楽天Kobo
Google Play
紀伊國屋書店Bookweb/Kinoppy
セブンネットショッピング
BOOK☆WALKER
honto
Reader Store
ebook
ヨドバシカメラ
COCORO BOOKS
コミックシーモア
Neowing
DMM電子書籍
ひかりTVブック

山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編

注目

「山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編(ハーベスト出版)」を出版しました。全市町村228ヶ所の戦国時代に関する史跡を写真付きで掲載しています。地図・コラム・年表・人物事典も充実しています。
最近は少なくなりましたが、山陰の書店と全国の地域史のコーナーに並んでいます。書店に置いてない場合は「ISBN:978-4864562713」でご注文下さい。
鳥取県内の資料館や博物館だと、鳥取市歴史博物館(やまびこ館)で販売しているのを確認しています。

ネット通販でも購入できます。
ハーベスト出版 公式サイト
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
紀伊國屋書店 ※店頭受取可
未来屋書店 ※店頭受取可
honto
e-hon
TSUTAYA ※店頭受取可
六一書房
キャラアニ.com
Honya Club.com
Neowing
ヤマダモール

内容が分からないと思いますのでCMを作りました。ド素人の拙い動画ですので代わりに作って下さる方がおられたら、お会いした際にお菓子の詰め合わせくらいは御礼としてお渡しします。

山陰の戦国史跡を歩く 島根編」も発売中です。鳥取県西部と島根県東部は密接な関係にあるため島根編も御購入いただけると理解が深まると思います。
平成時代に出た最初で最後の鳥取県の戦国時代史跡ハンドブックです。御購入、何卒よろしくお願い致します。

追記:2023年7月、重版されました。二箇所の史跡の差し替え、五十音の索引の追加、ミスの修正を行いました。

鳥取編 注文書

蕃塀(拝殿や本殿を直視させない塀)

●蕃塀(ばんぺい)

 東海三県でしか見ることがない蕃塀。拝殿や本殿を直視できないようにするためにあるという。御簾(みす。宮殿・神殿などに用いる簾。ドラマだと天皇の前にあることが多い)と同じ役割だと思われる。

(愛知県津島市の津島神社の蕃塀。ここで神職の方に蕃塀の意味を教えていただいた)
津島神社の蕃塀

(愛知県あま市の漆部神社の蕃塀)
漆部神社の蕃塀

(愛知県あま市の貴船社の蕃塀)
貴船社の蕃塀

(愛知県一宮市の石刀神社の蕃塀)
石刀神社の蕃塀

(三重県伊勢市の伊勢神宮の外宮にある蕃塀)
伊勢神宮の蕃塀

感想:何となく載せてみました。当時は意識して見ていなかったので、上記の他にも写真があると思います。
 蕃塀については専門サイトの蕃塀マニアさんがあるので、そこを見られるのが一番良いと思います。


阿太加夜神社(ホーランエンヤに関連した神社)

●阿太加夜神社(あだかやじんじゃ)
住所:島根県松江市東出雲町出雲郷587(字 芦高)
駐車場:あり

 主祭神は大国主命の御子・阿陀加夜奴志多岐喜比賣命。創建年代は不明だが出雲国風土記にも阿太加夜社として記載のある古社である。当地のある出雲郷はそのまま「いずもごう」と読まれていたが、阿太加夜神社があることから出雲郷を「あだかや」「あだかえ」と読むようになったという。
 戦国時代には何度も出雲郷(阿陀加江郷)が出てきており、文明6(1474)年に尼子経久が京極政高から郷内の青木・多祢等を安堵され、享禄3(1530)年には多胡氏が取り上げた郷内の隠田を平浜八幡宮に寄進した。天正9(1581)年、鳥取城に向かう吉川経家が吉川元春と「あたかい」で会っている。近世には芦高社や芦高大明神と呼ばれていたが、明治維新後に阿太加夜神社に改名した。
 10年に一度行われる松江城山稲荷神社と阿太加夜神社の間を神輿が船で往復する松江ホーランエンヤは日本三大船神事の一つで松江市の一大イベントになっている。

(鳥居)
鳥居

(参道)
参道

(随神門)
随神門

(参道と拝殿)
参道と拝殿

(拝殿)
拝殿

(幣殿と本殿)
幣殿と本殿

(神木)
神木

(稲荷神社)
稲荷神社

(兵庫神社。堀尾氏の松江城築城の際、一箇所で何度も石垣が崩れたため松岡兵庫頭が地鎮祭を行ったところ積み上げることができた。後年、兵庫頭が祀られたのが兵庫神社である)
兵庫神社

(雨風神社)
雨風神社

(ホーランエンヤで使用されるであろう船が境内にあった)
船

(日清・日露戦争に従軍した出雲郷出身の軍人を讃えた表忠碑。昭和3(1928)年に建てられた)
表忠碑

(神社の西を流れる意宇川に河童がいたという。橋は河童橋と名付けられている。河童の頭石に水をかけると災難から逃れられるという)
河童

河童

河童

河童

(国引きの碑。神社から数百メートルの場所で国引き神話の締めが行われた。神話の内容を書くと長くなるので省略)
国引きの碑

(令和元(2019)年に行われた大橋川でのホーランエンヤの様子)
ホーランエンヤ

ホーランエンヤ

ホーランエンヤ

ホーランエンヤ

参考文献:明治神社誌料:府県郷社 中、島根県の地名、出雲尼子史料集 上巻、新鳥取県史資料編古代中世Ⅰ 古文書編下巻

感想:神社もいいのですが、やはりホーランエンヤは勇壮で一生に一度は見ておきたい船神事です。次回の2029年も見に行く予定です。



高野山奥之院の五輪塔5 森忠政の墓(供養塔)

●高野山奥之院の五輪塔5 森忠政の墓(供養塔)
住所:和歌山県伊都郡高野町高野山(字 奥ノ院(原文ママ))
駐車場:入口にあり

 高野山での菩提寺は釈迦文院。森忠政(元亀元(1570)年~寛永11(1634)年)は美濃金山城・森可成の六男で兄に森長可や森蘭丸などがいる。兄達が全員亡くなったため忠政は森家の家督を継いで美作津山藩の初代藩主となっている。

五輪塔の正面には下記の通り刻まれている。
 寛永十一年
本源院殿前親衛
(梵字ア) 先翁宗進
大居士成菩提也
 十一月七日

森忠政の墓

森忠政の墓

参考文献:戦国武将と高野山奥之院: 石塔の銘文を読む

感想:父と五人の兄は全員戦場で散ったという戦国時代を体現しているような家です。