山陰の戦国史跡を歩く 島根編

注目

「山陰の戦国史跡を歩く 島根編(ハーベスト出版)」を出版しました。全ての市と郡257ヶ所の戦国時代に関する史跡を写真付きで掲載しています。地図・コラム・年表・人物事典も充実しています。
山陰の書店と全国の地域史のコーナーに並んでいます。書店に置いてない場合は「ISBN:978-4864563185」でご注文下さい。金額は1800円+税となっております。
ネット通販でも購入できます。
ハーベスト出版 公式サイト
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
紀伊國屋書店 ※店頭受取可
未来屋書店 ※店頭受取可
honto
e-hon
TSUTAYA ※店頭受取可
キャラアニ.com
Honya Club.com
Neowing
ヤマダモール
ブックオフオンライン(新品)

内容については公式サイトから立ち読みが出来ます。
立ち読み_山陰の戦国史跡を歩く島根編

個人でもCMを作りました。ド素人の拙い動画ですので代わりに作って下さる方がおられたら、お会いした際にお菓子の詰め合わせくらいは御礼としてお渡しします。

山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編」も発売中です。島根県東部と鳥取県西部は密接な関係にあるため鳥取編も御購入いただけると理解が深まると思います。
令和時代に出た最初の島根県の戦国時代史跡ハンドブックです。御購入、何卒よろしくお願い致します。

島根編 注文書

「もっと知りたい! 長宗我部元親」電子書籍化

注目

 令和元(2019)年5月15日に「もっと知りたい! 長宗我部元親(PHP研究所、税込630円)」が電子書籍化されました!

 内容は下記の通りです。
☆本文・・・長宗我部氏の歴史を六章に分け会話形式で分かりやすく紹介しています。地図も豊富に入れて土地勘のない方にもなるべく理解していただけるようにしています。
☆感想・・・各章末に入れています。本文が古い説をもとに話を進めているため、出版した平成22(2010)年に主流となっていた説などを載せています。
☆人物事典・・・一族・家臣・四国各県の武将を紹介しています。一般に出回っている長宗我部関係の本より四国各県の武将の紹介にページを割いています。
☆史跡・・・長宗我部氏に関連した四国の史跡を紹介しています。ほとんどが公共交通機関で行ける場所です。
 この本の主題は「土佐統一~四国平定」の過程です。特に分かりづらい四国平定をざっくりと本文で紹介し、各武将の細かい動きを人物事典で解説するという形になっています。多少なりとも理解の助けになれば幸いです。令和2(2020)年の大河ドラマ『麒麟がくる』に出るであろう元親や四国状勢の予習に如何でしょうか。

 下記のサイトから購入できますので、よろしくお願い致しますm(._.)mm(._.)mm(._.)m
PHP研究所 公式サイト
Amazon/Kindleストア
楽天Kobo
Google Play
紀伊國屋書店Bookweb/Kinoppy
セブンネットショッピング
BOOK☆WALKER
honto
Reader Store
ebook
ヨドバシカメラ
COCORO BOOKS
コミックシーモア
Neowing
DMM電子書籍
ひかりTVブック

山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編

注目

「山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編(ハーベスト出版)」を出版しました。全市町村228ヶ所の戦国時代に関する史跡を写真付きで掲載しています。地図・コラム・年表・人物事典も充実しています。
山陰の書店と全国の地域史のコーナーに並んでいます。書店に置いてない場合は「ISBN:978-4864562713」でご注文下さい。
ネット通販でも購入できます。
ハーベスト出版 公式サイト
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
紀伊國屋書店 ※店頭受取可
未来屋書店 ※店頭受取可
honto
e-hon
TSUTAYA ※店頭受取可
六一書房
キャラアニ.com
Honya Club.com
Neowing
ヤマダモール

内容が分からないと思いますのでCMを作りました。ド素人の拙い動画ですので代わりに作って下さる方がおられたら、お会いした際にお菓子の詰め合わせくらいは御礼としてお渡しします。

山陰の戦国史跡を歩く 島根編」も発売中です。鳥取県西部と島根県東部は密接な関係にあるため島根編も御購入いただけると理解が深まると思います。
平成時代に出た最初で最後の鳥取県の戦国時代史跡ハンドブックです。御購入、何卒よろしくお願い致します。

追記:2023年7月、重版されました。二箇所の史跡の差し替え、五十音の索引の追加、ミスの修正を行いました。

鳥取編 注文書

土佐 佐喜浜城(崎浜城。大野家源内左衛門貞義の居城)

●土佐 佐喜浜城(崎浜城)
住所:高知県室戸市佐喜浜町(字 城山)
駐車場:不明
遺構:曲輪、堀切
標高:92メートル/比高:79メートル

 北に佐喜浜川、南に唐ノ谷川が流れ東で合流するため三方に自然の濠がある地形になっている。東には水運を利用するための船着き場があったと考えられている。築城年代は不明だが城主は大野家源内左衛門貞義で、貞義の先祖は伊予国浮穴郡久万庄の大野家城主だと伝わる。土佐の大野家は最御崎寺や金剛頂寺など真言宗の寺の大工の棟梁で寺社の棟札に名が残り、安芸郡東部の領主としても勢力を誇った。
 天正2(1574)年秋、安芸国虎を滅ぼした長宗我部元親は更に東部に侵攻する。そこで源内左衛門ら安芸郡東部の連合軍は中山越(高知県室戸市羽根町)で迎え撃ち、元親自身が槍を振るうほど追い詰めたが最後は撃退された。やがて東部の領主は次々と城を落とされるか降伏し連合軍の盟主だった源内左衛門だけが残る。天正3(1575)年3月、元親は佐喜浜に攻め込むと「ここにても源内、かしこにても源内とて度々手答えしたる奴なので、この度佐喜浜の者とならば犬迄も逃さず斬り捨てろ」と兵に命じた(『元親記』)。籠城戦は不利とみた源内左衛門は打って出たが敗北して戦死し、城も攻められ女性らも殺されたという。

(全景)
全景

(西から登ると下の概略図の曲輪1に出る)
曲輪1

曲輪1

曲輪1

曲輪1

曲輪1

(曲輪1から北側を望む。向かって右に流れるのが佐喜浜川)
北側

(堀切A)
堀切A

堀切A

堀切A

(曲輪2。中央には祠がある)
曲輪2

曲輪2

曲輪2

(曲輪3)
曲輪3

曲輪3

(曲輪4)
曲輪4

曲輪4

曲輪4

(曲輪5。城郭放浪記さんは堀切と書かれていたが自分には曲輪にしか見えなかった)
曲輪5

曲輪5

曲輪5

参考文献:高知県の地名、佐喜浜郷土史、長宗我部元親 50年のフィールドノート、城郭放浪記

感想:西の墓地から入ると参道の跡らしき道があるため、それに沿って行けば城に辿り着けます。ただし参道は分かりづらく下りでは迷いやすいので注意してください。
 城の麓は駐車できるようなスペースはありません。

(概略図。クリックすると別タブが開きます)
概略図



日置八幡宮(大内家、毛利家、吉川家ゆかりの神社)

●日置八幡宮(へきはちまんぐう)
住所:山口県長門市日置上5212
駐車場:あり

 祭神は応神天皇・仲哀天皇・神功皇后。古くは亀山八幡宮と呼ばれていた。創建年代は不明だが鎌倉時代以前だと考えられている。日置庄(長門市日置地区一帯)の鎮守社で宮司は日置氏だったが、建保7(1219)年の源実朝の暗殺に加担して窪田姓に変えて没落し、源包房(現在の宮司の高山家の祖)に代わったという。天福元(1233)年、弘安5(1282)年、応永2(1395)年に地頭が造営した。他にも永正6(1509)年や永禄2(1559)年などに造営されている。
 戦国時代になると大内家、毛利家の庇護を受け、天正9(1581)年には毛利輝元や河副壱岐守善勝らの尽力で神楽殿が造営された。寛永12(1635)年2月には吉見、粟屋、桂、宍戸など毛利家臣が大破した社殿を修復するため銀を寄付している。同月、岩国藩主・吉川広嘉が美祢郡嘉万村(現在の美祢市秋芳町嘉万)の権現山で狩りをしていると山が震動し白髪の老人が二頭の鹿に乗って現れ、皆が正気を失った。しばらく夢心地だったが正気に戻ると広嘉は「この辺りに大社はないか」と周りに訪ね、日置八幡宮のことを聞くとそちらに向かって祈念したところ震動が納まった。その後、広嘉は日置八幡宮に参拝し腰に差していた脇差しと刀、銀10枚を寄進している。
 社宝として「日置八幡宮文書付棟札 紙本着色八幡縁起絵巻(県指定有形文化財)」などがある。
 式年祭では同地区の黄波戸浦で黄色(黄金)の波が起きて岩の上に神霊が現れ、そこから現在地に鎮座したという伝承から、神輿の海上渡御が行われる。

(鳥居。ネットで検索したら、これは三の鳥居で西に向かうと二つの鳥居があったらしい)
鳥居

(石燈籠)
石燈籠

(拝殿)
拝殿

(境内社の八坂神社)
八坂神社

(幣殿と本殿)
幣殿と本殿

(三界万霊塔)
三界万霊塔

参考文献:山口県の地名、山口県の歴史散歩、大津郡志、防長風土注進案 第18巻

感想:有名なので参拝しましたが、後で調べたら上記のような興味深い伝承の残る神社でした。



竜光山遍明院(大内氏の菩提を弔うための寺)

●竜光山遍明院
住所:山口県山口市秋穂東6534
駐車場:あり

 真言宗。永禄5(1562)年、大内氏の旧臣で当地を治めていた秋穂飛騨守盛治が父母、大内政弘、義興、義隆の菩提を弔うため建立したという。創建当初は盛光院と称していたが、毛利輝元の妻の法名である清光院と同音のため遍明院に改めた。寺宝に県指定文化財の紺紙金泥法華経などがある。

(石段)
石段

(延命地蔵)
延命地蔵

(本堂。当寺には大内氏の位牌があるとのことだが、ここに安置されているのだろうか)
本堂

(さざれ石)
さざれ石

(開山堂。天明3(1783)年、当時の住職だった性海が四国八十八ヶ所を廻り、各寺の砂を秋穂地区などに撒いた。それをきっかけに秋穂八十八ヶ所霊場が整備される。ここには性海と四国八十八ヶ所に同行した善心の像が安置されている)
開山堂

感想:特にないですねえ・・・。