山陰の戦国史跡を歩く 島根編

注目

「山陰の戦国史跡を歩く 島根編(ハーベスト出版)」を出版しました。全ての市と郡257ヶ所の戦国時代に関する史跡を写真付きで掲載しています。地図・コラム・年表・人物事典も充実しています。
山陰の書店と全国の地域史のコーナーに並んでいます。書店に置いてない場合は「ISBN:978-4864563185」でご注文下さい。金額は1800円+税となっております。
ネット通販でも購入できます。
ハーベスト出版 公式サイト
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
紀伊國屋書店 ※店頭受取可
未来屋書店 ※店頭受取可
honto
e-hon
TSUTAYA ※店頭受取可
キャラアニ.com
Honya Club.com
Neowing
ヤマダモール
ブックオフオンライン(新品)

内容については公式サイトから立ち読みが出来ます。
立ち読み_山陰の戦国史跡を歩く島根編

個人でもCMを作りました。ド素人の拙い動画ですので代わりに作って下さる方がおられたら、お会いした際にお菓子の詰め合わせくらいは御礼としてお渡しします。

山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編」も発売中です。島根県東部と鳥取県西部は密接な関係にあるため鳥取編も御購入いただけると理解が深まると思います。
令和時代に出た最初の島根県の戦国時代史跡ハンドブックです。御購入、何卒よろしくお願い致します。

島根編 注文書

「もっと知りたい! 長宗我部元親」電子書籍化

注目

 令和元(2019)年5月15日に「もっと知りたい! 長宗我部元親(PHP研究所、税込630円)」が電子書籍化されました!

 内容は下記の通りです。
☆本文・・・長宗我部氏の歴史を六章に分け会話形式で分かりやすく紹介しています。地図も豊富に入れて土地勘のない方にもなるべく理解していただけるようにしています。
☆感想・・・各章末に入れています。本文が古い説をもとに話を進めているため、出版した平成22(2010)年に主流となっていた説などを載せています。
☆人物事典・・・一族・家臣・四国各県の武将を紹介しています。一般に出回っている長宗我部関係の本より四国各県の武将の紹介にページを割いています。
☆史跡・・・長宗我部氏に関連した四国の史跡を紹介しています。ほとんどが公共交通機関で行ける場所です。
 この本の主題は「土佐統一~四国平定」の過程です。特に分かりづらい四国平定をざっくりと本文で紹介し、各武将の細かい動きを人物事典で解説するという形になっています。多少なりとも理解の助けになれば幸いです。令和2(2020)年の大河ドラマ『麒麟がくる』に出るであろう元親や四国状勢の予習に如何でしょうか。

 下記のサイトから購入できますので、よろしくお願い致しますm(._.)mm(._.)mm(._.)m
PHP研究所 公式サイト
Amazon/Kindleストア
楽天Kobo
Google Play
紀伊國屋書店Bookweb/Kinoppy
セブンネットショッピング
BOOK☆WALKER
honto
Reader Store
ebook
ヨドバシカメラ
COCORO BOOKS
コミックシーモア
Neowing
DMM電子書籍
ひかりTVブック

山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編

注目

「山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編(ハーベスト出版)」を出版しました。全市町村228ヶ所の戦国時代に関する史跡を写真付きで掲載しています。地図・コラム・年表・人物事典も充実しています。
山陰の書店と全国の地域史のコーナーに並んでいます。書店に置いてない場合は「ISBN:978-4864562713」でご注文下さい。
ネット通販でも購入できます。
ハーベスト出版 公式サイト
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
紀伊國屋書店 ※店頭受取可
未来屋書店 ※店頭受取可
honto
e-hon
TSUTAYA ※店頭受取可
六一書房
キャラアニ.com
Honya Club.com
Neowing
ヤマダモール

内容が分からないと思いますのでCMを作りました。ド素人の拙い動画ですので代わりに作って下さる方がおられたら、お会いした際にお菓子の詰め合わせくらいは御礼としてお渡しします。

山陰の戦国史跡を歩く 島根編」も発売中です。鳥取県西部と島根県東部は密接な関係にあるため島根編も御購入いただけると理解が深まると思います。
平成時代に出た最初で最後の鳥取県の戦国時代史跡ハンドブックです。御購入、何卒よろしくお願い致します。

鳥取編 注文書

島根のトリセツ 地図で読み解く初耳秘話

昭文社のトリセツシリーズ『島根のトリセツ』で『Part.3 島根の歴史を深読み!(古墳時代~近代)』を担当させていただきました。
ご購入よろしくお願いします。

昭文社ホールディングス 公式サイト
Amazon
楽天ブックス




桧ヶ仙城(口羽春良普請の城)

●桧ヶ仙城 (口羽春良普請の城)
住所:島根県出雲市多久町
駐車場:なし
遺構:曲輪、腰曲輪、土塁、堀切
標高:333メートル/比高:230メートル

 多久氏の居城と伝わり雲芸攻防戦で毛利軍に攻撃され落ちたという。尼子再興戦では毛利家の口羽春良が普請し、高瀬城の米原綱寬から攻撃を受ける平田城を援護した。
 
(登山道など)
登山道

登山道

登山道

登山道

(登山道の最後をロープをつたって登ると南の曲輪に出た。主郭は木々に覆われて下が見えないので、眺望は南の曲輪からが一番良く、旧平田市が一望できる)
南の曲輪

南の曲輪

南の曲輪

南の曲輪

(主郭と腰曲輪)
主郭と腰曲輪

主郭と腰曲輪

(北の曲輪群)
北の曲輪

北の曲輪

北の曲輪

北の曲輪

(北西の曲輪群。こっちは土塁もあった)
北西の曲輪群

北西の曲輪群

北西の曲輪群

北西の曲輪群

感想:整備はされていますが急峻な山できつかったです。行った時は動物のフンが道沿いに3ヶ所くらいあったので、単独では危険かもしれません。





真山城(尼子再興軍の拠点)

●真山城
住所:島根県松江市法吉町

 永禄12(1569)年の第一次尼子再興戦で再興軍が拠点とした。

(入口)
入口

(基本的に南から北に細長い曲輪が続く城。北に向かっていると最初の曲輪と思われる場所に着く)
最初の曲輪

最初の曲輪

最初の曲輪

(土橋)
土橋

土橋

土橋

(土橋を過ぎて少し登った場所にある曲輪)
少し登った場所にある曲輪

少し登った場所にある曲輪

少し登った場所にある曲輪

(送電用鉄塔に出た。ここが曲輪だったのか不明)
送電用鉄塔

送電用鉄塔

送電用鉄塔

(山中鹿介の両親説のある相木盛之助と更科姫の供養塔)
山中鹿介の両親

(更に北に進むと本格的な城域に着いた)
本格的な城域

本格的な城域

本格的な城域

本格的な城域

(上記の曲輪から頂上に行く前に南西の曲輪に向かった)
南西の曲輪

南西の曲輪

南西の曲輪

南西の曲輪

(主郭前にある細長い曲輪)
細長い曲輪

細長い曲輪

細長い曲輪

細長い曲輪

(主郭に到着。山中鹿介幸盛公銅像台座(計画は頓挫)は雑草が伸び放題で、雑草大炊之介になっていた)
主郭

主郭

主郭

主郭

(主郭部を更に北に進むと尼子勝久がお出迎えしてくれた)
主郭部の北

主郭部の北

主郭部の北

主郭部の北

主郭部の北

(尼子勝久公之碑に置いてある真山の宝箱。訪問記帳が入っていると思ったら尼子氏関連の史跡に関する印刷物が入っていた)
真山の宝箱

(その更に北にある曲輪を見て真山城は終了。下山した)
北の曲輪

北の曲輪

感想:歴史についての詳しいことは『山陰の戦国史跡を歩く 島根編』を参考にしてください。

(ルートマップ)
ルートマップ