山陰の戦国史跡を歩く 島根編

注目

「山陰の戦国史跡を歩く 島根編(ハーベスト出版)」を出版しました。全ての市と郡257ヶ所の戦国時代に関する史跡を写真付きで掲載しています。地図・コラム・年表・人物事典も充実しています。
山陰の書店と全国の地域史のコーナーに並んでいます。書店に置いてない場合は「ISBN:978-4864563185」でご注文下さい。金額は1800円+税となっております。
ネット通販でも購入できます。
ハーベスト出版 公式サイト
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
紀伊國屋書店 ※店頭受取可
未来屋書店 ※店頭受取可
honto
e-hon
TSUTAYA ※店頭受取可
キャラアニ.com
Honya Club.com
Neowing
ヤマダモール
ブックオフオンライン(新品)

内容については公式サイトから立ち読みが出来ます。
立ち読み_山陰の戦国史跡を歩く島根編

個人でもCMを作りました。ド素人の拙い動画ですので代わりに作って下さる方がおられたら、お会いした際にお菓子の詰め合わせくらいは御礼としてお渡しします。

山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編」も発売中です。島根県東部と鳥取県西部は密接な関係にあるため鳥取編も御購入いただけると理解が深まると思います。
令和時代に出た最初の島根県の戦国時代史跡ハンドブックです。御購入、何卒よろしくお願い致します。

島根編 注文書

「もっと知りたい! 長宗我部元親」電子書籍化

注目

 令和元(2019)年5月15日に「もっと知りたい! 長宗我部元親(PHP研究所、税込630円)」が電子書籍化されました!

 内容は下記の通りです。
☆本文・・・長宗我部氏の歴史を六章に分け会話形式で分かりやすく紹介しています。地図も豊富に入れて土地勘のない方にもなるべく理解していただけるようにしています。
☆感想・・・各章末に入れています。本文が古い説をもとに話を進めているため、出版した平成22(2010)年に主流となっていた説などを載せています。
☆人物事典・・・一族・家臣・四国各県の武将を紹介しています。一般に出回っている長宗我部関係の本より四国各県の武将の紹介にページを割いています。
☆史跡・・・長宗我部氏に関連した四国の史跡を紹介しています。ほとんどが公共交通機関で行ける場所です。
 この本の主題は「土佐統一~四国平定」の過程です。特に分かりづらい四国平定をざっくりと本文で紹介し、各武将の細かい動きを人物事典で解説するという形になっています。多少なりとも理解の助けになれば幸いです。令和2(2020)年の大河ドラマ『麒麟がくる』に出るであろう元親や四国状勢の予習に如何でしょうか。

 下記のサイトから購入できますので、よろしくお願い致しますm(._.)mm(._.)mm(._.)m
PHP研究所 公式サイト
Amazon/Kindleストア
楽天Kobo
Google Play
紀伊國屋書店Bookweb/Kinoppy
セブンネットショッピング
BOOK☆WALKER
honto
Reader Store
ebook
ヨドバシカメラ
COCORO BOOKS
コミックシーモア
Neowing
DMM電子書籍
ひかりTVブック

山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編

注目

「山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編(ハーベスト出版)」を出版しました。全市町村228ヶ所の戦国時代に関する史跡を写真付きで掲載しています。地図・コラム・年表・人物事典も充実しています。
山陰の書店と全国の地域史のコーナーに並んでいます。書店に置いてない場合は「ISBN:978-4864562713」でご注文下さい。
ネット通販でも購入できます。
ハーベスト出版 公式サイト
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
紀伊國屋書店 ※店頭受取可
未来屋書店 ※店頭受取可
honto
e-hon
TSUTAYA ※店頭受取可
六一書房
キャラアニ.com
Honya Club.com
Neowing
ヤマダモール

内容が分からないと思いますのでCMを作りました。ド素人の拙い動画ですので代わりに作って下さる方がおられたら、お会いした際にお菓子の詰め合わせくらいは御礼としてお渡しします。

山陰の戦国史跡を歩く 島根編」も発売中です。鳥取県西部と島根県東部は密接な関係にあるため島根編も御購入いただけると理解が深まると思います。
平成時代に出た最初で最後の鳥取県の戦国時代史跡ハンドブックです。御購入、何卒よろしくお願い致します。

鳥取編 注文書

伝・相合元綱の墓(毛利元就の弟)

●伝・相合元綱の墓
住所:広島県安芸高田市吉田町相合
駐車場:なし

 相合四郎元綱は毛利元就の弟で、尼子氏の策動により毛利家の当主に担ぎ上げられかけたが、それを察知した元就らによって殺されたという。

相合四郎元綱

相合四郎元綱

感想:個人宅にあるため注意して参拝しましょう。





但馬館山城(無南垣城、塩冶氏の居城)

●但馬館山城(無南垣城)
住所:兵庫県美方郡香美町香住区無南垣字城山
駐車場:不明
遺構:曲輪、畦状竪堀群、堀切
標高:82メートル/比高:77メートル

 芦屋城と同じく北と西は日本海で切り立った崖となっており南は険しい斜面のある要害だった。築城年代は不明だが東にある無南垣港を守るために築かれたと思われる。城主は芦屋城の塩冶周防守と同族の塩冶氏で、城に山名俊豊の主殿を建てる際、芦屋の塩冶氏の支配領域であった居組の者が動員された。塩冶氏は近隣の林甫城主・長氏と境界を巡って争い、但馬守護・山名祐豊と塩冶左衛門尉が謀って長越前守善秀を此隅山城で自害させている。
 城域は4つの区域に分けて考えられており西から城砦1・2・・・と数える。1・2は比較的古く南北朝期~室町期、3・4は戦国期と推測されている。

(城の東端に建つ金比羅神社。ここも曲輪だった)
金比羅神社

(金比羅神社を更に登ると忠魂碑がある横25×縦50メートルの広い曲輪(城砦4の14)に出る。ここに俊豊の主殿や塩冶氏の居城があったと考えられている。最近まではここに金比羅神社があったようだ)
城砦4の14

城砦4の14

(城砦4と3を結ぶ横20×縦30メートルの曲輪(13))
曲輪13

(城砦3の南にある腰曲輪)
腰曲輪

(腰曲輪にある畦状竪堀群。うーん、見ても分からんかった)
畦状竪堀群

(腰曲輪の西にある巨大な竪堀)
竪堀

竪堀

(腰曲輪の上にある横15×縦18メートルの曲輪(11)。土塁もあった)
曲輪(11)

(城砦3の中心にある横24×縦40メートルの曲輪(10))
曲輪(10)

(城砦3の西端にある三日月状の曲輪)
三日月状の曲輪

三日月状の曲輪

三日月状の曲輪

(上記の曲輪の南にある曲輪(12))
曲輪(12)

曲輪(12)

(城砦3と2の間にある堀切)
堀切

堀切

堀切

(城砦2の最初の曲輪、というか尾根?)
尾根

尾根

(尾根の南に曲輪群があったが行っていない)
尾根の南に曲輪群

(城砦2の中央に位置する曲輪(8))
城砦2の中央

城砦2の中央

(中央の曲輪の西にある堀切)
堀切

(城砦2の中央の曲輪と西端の曲輪を結ぶ尾根)
尾根

尾根

(西端の曲輪)
西端の曲輪

西端の曲輪

(上記で城砦2の西端の曲輪と書いたが実際は北東に向かってコの字型の曲輪群がある。この堀切はそのコの字型曲輪群の西側との間にある)
堀切

(コの字型曲輪群の一部。疲れていたので無視して西に直進した)
コの字型曲輪群

(ようやく城砦1の城域に入った。西側の入り海が綺麗に見える。コの字型曲輪群とはここで合流するようだ)
城砦1の城域

城砦1の城域

(城砦1の北側の曲輪群。石積みがあった。直登が嫌で道のある崖沿いを歩いたが危険で体力的には楽だったが精神力を奪われた)
北側の曲輪群

北側の曲輪群

北側の曲輪群

北側の曲輪群

北側の曲輪群

(城の最北西の横25×縦26メートルの曲輪(3)に到着。ここが主郭だろう)
曲輪(3)

曲輪(3)

曲輪(3)

曲輪(3)

(上記の南にある最高地点の曲輪(1)。物見台として利用されていたのだろう)
曲輪(1)

曲輪(1)

曲輪(1)

(更に南には麓まで曲輪群が続く。疲れていたのと未整備のような感じだったので行かなかった)
南の曲輪群

南の曲輪群

(最高地点の曲輪に戻って東の曲輪群(4など)に行き、そのまま元の道を通って下山した)
東の曲輪群

東の曲輪群

東の曲輪群

東の曲輪群

東の曲輪群

(無南垣港)
無南垣港

感想:自治体主催のイベントか地元の保存会かは分かりませんが城域のほとんどが伐採してあり見学しやすかったです。ただし城砦4より先は道が整備してある訳ではないので注意が必要です。特に城砦1は足のバランスを崩すと落ちて大怪我か死ぬ可能性がある場所があります。
 約100の曲輪があり見応えがありましたが、疲れていたのと危険な箇所があったので全部は確認していません。

(縄張図)
縄張図





浄貞寺(安芸氏の菩提寺)

●浄貞寺
住所:高知県安芸市西浜556
駐車場:あり

 山号は元親山。曹洞宗。創建年代は不明だが、安芸城主・安芸元親が文明年間(1469~87年)に安芸市井ノ口の会下谷にあった寺を移転して自身の諱と法号を付け安芸氏の菩提寺とした。近世初期に焼失したが再興している。明治の廃仏毀釈で廃寺になるが、明治19(1886)年に再興している。

(山門)
山門

(本堂)
本堂

(羅漢堂。土佐藩の初代~六代までを祀っている)
羅漢堂

(近世末期に創建された安芸氏を祀る安芸神社)
安芸神社

(安芸元親の墓)
安芸元親の墓

(安芸元親の孫で、永禄12(1569)年に長宗我部元親と戦って敗れ自害した安芸国虎の墓)
安芸国虎の墓

(国虎の家臣で殉死した有沢石見守の墓)
有沢石見守の墓

(国虎夫人を実家の土佐一条氏のもとまで送り届け帰国後に自害した黒岩越前守の墓)
黒岩越前守の墓

(伝・安芸国虎夫人の墓)
安芸国虎夫人の墓

(大刀洗の池。国虎が切腹の際、太刀を浄めたと伝わる)
大刀洗の池

(袂杉。国虎夫人が墓参りの際に袂に入れて植えた。初代は大正9(1920)の台風で倒れ現在は二代目である)
袂杉

感想:史跡とは全く関係ないですが、寺に続く道で車を走らせていた際に電気工事と遭遇し作業員から「5分で終わりますから待って下さい」と言われた。クレーンで作業しており、どう見ても10分以上かかるだろうなと思ったらその通りになった。
 ああいう時、その場だけ相手のイライラを鎮めるため早めの時間を言いたくなるが、待たされたため後で余計に怒られるので適切な時間を伝えた方がいいと思う。


写真の提供についてはこちらをクリック