山陰の戦国史跡を歩く 島根編

注目

「山陰の戦国史跡を歩く 島根編(ハーベスト出版)」を出版しました。全ての市と郡257ヶ所の戦国時代に関する史跡を写真付きで掲載しています。地図・コラム・年表・人物事典も充実しています。
山陰の書店と全国の地域史のコーナーに並んでいます。書店に置いてない場合は「ISBN:978-4864563185」でご注文下さい。金額は1800円+税となっております。
島根県内の資料館や博物館だと、安来市の「道の駅 広瀬・富田城」、松江市の松江歴史館、出雲市の古代出雲歴史博物館、大田市の石見銀山世界遺産センター、益田市の島根県芸術文化センター・グラントワ、で販売しているのを確認しています。

ネット通販でも購入できます。
ハーベスト出版 公式サイト
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
紀伊國屋書店 ※店頭受取可
未来屋書店 ※店頭受取可
honto
e-hon
TSUTAYA ※店頭受取可
キャラアニ.com
Honya Club.com
Neowing
ヤマダモール
ブックオフオンライン(新品)

内容については公式サイトから立ち読みが出来ます。
立ち読み_山陰の戦国史跡を歩く島根編

個人でもCMを作りました。ド素人の拙い動画ですので代わりに作って下さる方がおられたら、お会いした際にお菓子の詰め合わせくらいは御礼としてお渡しします。

山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編」も発売中です。島根県東部と鳥取県西部は密接な関係にあるため鳥取編も御購入いただけると理解が深まると思います。
令和時代に出た最初の島根県の戦国時代史跡ハンドブックです。御購入、何卒よろしくお願い致します。

島根編 注文書

「もっと知りたい! 長宗我部元親」電子書籍化

注目

 令和元(2019)年5月15日に「もっと知りたい! 長宗我部元親(PHP研究所、税込630円)」が電子書籍化されました!

 内容は下記の通りです。
☆本文・・・長宗我部氏の歴史を六章に分け会話形式で分かりやすく紹介しています。地図も豊富に入れて土地勘のない方にもなるべく理解していただけるようにしています。
☆感想・・・各章末に入れています。本文が古い説をもとに話を進めているため、出版した平成22(2010)年に主流となっていた説などを載せています。
☆人物事典・・・一族・家臣・四国各県の武将を紹介しています。一般に出回っている長宗我部関係の本より四国各県の武将の紹介にページを割いています。
☆史跡・・・長宗我部氏に関連した四国の史跡を紹介しています。ほとんどが公共交通機関で行ける場所です。
 この本の主題は「土佐統一~四国平定」の過程です。特に分かりづらい四国平定をざっくりと本文で紹介し、各武将の細かい動きを人物事典で解説するという形になっています。多少なりとも理解の助けになれば幸いです。令和2(2020)年の大河ドラマ『麒麟がくる』に出るであろう元親や四国状勢の予習に如何でしょうか。

 下記のサイトから購入できますので、よろしくお願い致しますm(._.)mm(._.)mm(._.)m
PHP研究所 公式サイト
Amazon/Kindleストア
楽天Kobo
Google Play
紀伊國屋書店Bookweb/Kinoppy
セブンネットショッピング
BOOK☆WALKER
honto
Reader Store
ebook
ヨドバシカメラ
COCORO BOOKS
コミックシーモア
Neowing
DMM電子書籍
ひかりTVブック

山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編

注目

「山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編(ハーベスト出版)」を出版しました。全市町村228ヶ所の戦国時代に関する史跡を写真付きで掲載しています。地図・コラム・年表・人物事典も充実しています。
最近は少なくなりましたが、山陰の書店と全国の地域史のコーナーに並んでいます。書店に置いてない場合は「ISBN:978-4864562713」でご注文下さい。
鳥取県内の資料館や博物館だと、鳥取市歴史博物館(やまびこ館)で販売しているのを確認しています。

ネット通販でも購入できます。
ハーベスト出版 公式サイト
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
紀伊國屋書店 ※店頭受取可
未来屋書店 ※店頭受取可
honto
e-hon
TSUTAYA ※店頭受取可
六一書房
キャラアニ.com
Honya Club.com
Neowing
ヤマダモール

内容が分からないと思いますのでCMを作りました。ド素人の拙い動画ですので代わりに作って下さる方がおられたら、お会いした際にお菓子の詰め合わせくらいは御礼としてお渡しします。

山陰の戦国史跡を歩く 島根編」も発売中です。鳥取県西部と島根県東部は密接な関係にあるため島根編も御購入いただけると理解が深まると思います。
平成時代に出た最初で最後の鳥取県の戦国時代史跡ハンドブックです。御購入、何卒よろしくお願い致します。

追記:2023年7月、重版されました。二箇所の史跡の差し替え、五十音の索引の追加、ミスの修正を行いました。

鳥取編 注文書

昌光山宗勝寺(乃美宗勝夫妻の墓)

●昌光山宗勝寺
住所:福岡県福岡市東区下原5丁目892
駐車場:あり

 曹洞宗。永禄12(1569)年、小早川隆景の右腕・乃美宗勝(浦宗勝)が妻の菩提を弔うため城代を務めた立花山城の城下に創建した。当初は真福寺と号していたが天正20(1592)年に宗勝が亡くなると宗勝寺に改号している。近世に焼失したが再建された。

(入口)
入口

(山門と参道)
山門と参道

山門と参道

(神社)
神社

(鐘楼)
鐘楼

(本堂)
本堂

(八十八ヶ所。ここを通って乃美宗勝夫妻の墓に行ける)
八十八ヶ所

八十八ヶ所

(墓に行く途中、堀のようなものがあったが「福岡県社寺図録曹洞宗 昌光山宗勝寺境内之図」を見ると小早川隆景を祀る堂の跡・・・?)
小早川隆景を祀る堂の跡

小早川隆景を祀る堂の跡

小早川隆景を祀る堂の跡

小早川隆景を祀る堂の跡

(乃美宗勝の重臣5人の墓)
乃美宗勝の重臣5人の墓

(乃美宗勝夫妻の墓。向かって左が宗勝で、右が妻の墓)
乃美宗勝夫妻の墓

参考文献:福岡県の地名、九州産業大学図書館福岡市の文化財

感想:ご覧の通り乃美宗勝夫妻の墓は山の中にあるので履き物は選んで参拝した方がいいです。



梶原の佐渡五輪塔(佐渡商人の墓。古代寺院の石塔ヵ)

●梶原の佐渡五輪塔
住所:鳥取県西伯郡大山町加茂(字 塔ノ谷)
駐車場:なし

 大山町加茂の梶原地区(旧・梶原村)にある。何時の頃か商人が佐渡国から伯耆に行商に来たが、病気になってしまい子供と佐渡のことを思いながら梶原村で亡くなる。村人は丁寧に葬って五輪を建て毎年盆には供養踊りを行った。
 だが次第に忘れ去られ五輪も荒れてしまう。ある時、村人の夢に商人の霊が現れ「自分を祭ってくれた人の願いを叶える」と告げた。村人は五輪を清掃し快癒を祈願したところ御利益があり全快したため噂が広まって神様として祭られ大勢の参拝者が来たという。
 五輪と呼ばれるが石塔の多層塔の一部で(字名の塔ノ谷の由来だろう)、この辺りに古代寺院があった可能性がある。

(「地域自主組織なわのわ」の拠点・なわほ(旧名和保育所、その前は旧名和小学校)の山の谷間にある)
山

(古い看板のある小屋から入る。向かいには真島氏逆修塔が建つ)
小屋

(丁字路に来たら真っ直ぐ墓地の方に行く。詳しいルートについては下のGoogleMAPを参照)
丁字路

(道は倒木などの箇所が多少あるが概ね整備されている)
道

(佐渡五輪。写真では伝わりづらいが高さが1メートル強はあった。中央には梵字が刻んであったのだろうか)
佐渡五輪

佐渡五輪

佐渡五輪

(周辺を撮影。土が盛ってある箇所などがあり寺院跡にも見えるが畑の跡だろう。それに古代寺院なら山の上にありそうだが)
周辺

周辺

周辺

周辺

周辺

参考文献:名和町誌、鳥取県の地名

感想:場所や五輪の説明については地元の方に教えてもらいました。古代寺院があったというのは自分の勝手な解釈です。
 大山町で佐渡五輪だと荘田佐渡五輪塔が有名で案内板があります。



大神山神社奥宮 保存修理工事 現場見学説明会(令和6年)

●大神山神社奥宮 保存修理工事 現場見学説明会(令和6年)

 令和6(2024)年6月16日(日)、鳥取県西伯郡大山町大山にある大神山神社奥宮で保存修理工事の現場見学説明会があった。現地について受付をしようとしたが名前がない。なんか混乱しているらしく申し込みをしたのに名前がない人が多数いたらしい。

(しばらく待ち)
待ち

 しばらくすると宮司さんが出てきて挨拶をされて、次に公益財団法人文化財建造物保存技術協会(だったかな?)の方が説明をされた。
 屋根を仕上げ材で覆うことを我々の業界では「屋根を葺く」と言いますと言われていたが「専門用語だったっけ?」と思ってしまった。
 そして実演開始。

(最初は丸太から屋根に打ち付ける柿板(こけらいた)を作る工程の実演。あんなに太い木がどんどん薄くなっていく)
柿板

柿板

柿板

柿板

(ここで人数が多すぎて二班に分かれ自分達は漆についての説明を受けた。漆の色の付け方、接着剤としての利用など基本的なところから教えてもらった。全く知らんかった。筆は人間の髪の毛から作るのか・・・)
漆

漆

漆

(続いて柿板を木製の釘で打ち付けるのを体験。これには子供達が喜んでいた。大人も楽しそうだった)
釘で打ち付ける

(先ほどの漆と関係のある天井画の顔料の展示などがあった。今回は作業を見られないが天井画も修復するらしい)
天井画の顔料

(寛政8(1796)年に焼失してから文化2(1805)年に再建されるまでに再建成就を祈った祈祷札。棟札は今のところ写ししかないため、この祈祷札が再建の年月日を証明するものになっている。松江城が国宝になった時と同じ)
祈祷札

 いよいよ実際の柿葺の様子を見学。ヘルメットを被って中に業者の方が実演してくださった。当たり前だけど釘を打つのが早い! 動画も撮ったけど顔にモザイクを入れる方法を知らないから今回は載せない。
 見学者から作業されている方に「この仕事をしたくて今の会社に入ったのですか」と聞かれて「いえ、入社したらこの仕事でした」と答えていた。

見学

見学

見学

見学

見学

見学

(前回の平成5年の焼印がある木材があった)
平成5年

(鉛(?)の板を挟むと雨が降った際ここから滲み出る毒性の液が苔などを防いでくれるらしい)
鉛

(既に作業が終わっている幣殿や本殿の柿葺き。「現在作業しているところと比べて色が落ち着いているでしょう」と説明されていた)
幣殿や本殿

幣殿や本殿

 一通り質問などが終わったら下に降りて解散。

(最後にいただいた拝観記念品。神棚に置いた)
記念品

感想:実物を見ると勉強になる。来年は吉川広家や亀井氏が崇敬した下山神社の修理工事の見学会があるらしい。そっちも行くかな。