山陰の戦国史跡を歩く 島根編

注目

「山陰の戦国史跡を歩く 島根編(ハーベスト出版)」を出版しました。全ての市と郡257ヶ所の戦国時代に関する史跡を写真付きで掲載しています。地図・コラム・年表・人物事典も充実しています。
山陰の書店と全国の地域史のコーナーに並んでいます。書店に置いてない場合は「ISBN:978-4864563185」でご注文下さい。金額は1800円+税となっております。
ネット通販でも購入できます。
ハーベスト出版 公式サイト
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
紀伊國屋書店 ※店頭受取可
未来屋書店 ※店頭受取可
honto
e-hon
TSUTAYA ※店頭受取可
キャラアニ.com
Honya Club.com
Neowing
ヤマダモール
ブックオフオンライン(新品)

内容については公式サイトから立ち読みが出来ます。
立ち読み_山陰の戦国史跡を歩く島根編

個人でもCMを作りました。ド素人の拙い動画ですので代わりに作って下さる方がおられたら、お会いした際にお菓子の詰め合わせくらいは御礼としてお渡しします。

山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編」も発売中です。島根県東部と鳥取県西部は密接な関係にあるため鳥取編も御購入いただけると理解が深まると思います。
令和時代に出た最初の島根県の戦国時代史跡ハンドブックです。御購入、何卒よろしくお願い致します。

島根編 注文書

「もっと知りたい! 長宗我部元親」電子書籍化

注目

 令和元(2019)年5月15日に「もっと知りたい! 長宗我部元親(PHP研究所、税込630円)」が電子書籍化されました!

 内容は下記の通りです。
☆本文・・・長宗我部氏の歴史を六章に分け会話形式で分かりやすく紹介しています。地図も豊富に入れて土地勘のない方にもなるべく理解していただけるようにしています。
☆感想・・・各章末に入れています。本文が古い説をもとに話を進めているため、出版した平成22(2010)年に主流となっていた説などを載せています。
☆人物事典・・・一族・家臣・四国各県の武将を紹介しています。一般に出回っている長宗我部関係の本より四国各県の武将の紹介にページを割いています。
☆史跡・・・長宗我部氏に関連した四国の史跡を紹介しています。ほとんどが公共交通機関で行ける場所です。
 この本の主題は「土佐統一~四国平定」の過程です。特に分かりづらい四国平定をざっくりと本文で紹介し、各武将の細かい動きを人物事典で解説するという形になっています。多少なりとも理解の助けになれば幸いです。令和2(2020)年の大河ドラマ『麒麟がくる』に出るであろう元親や四国状勢の予習に如何でしょうか。

 下記のサイトから購入できますので、よろしくお願い致しますm(._.)mm(._.)mm(._.)m
PHP研究所 公式サイト
Amazon/Kindleストア
楽天Kobo
Google Play
紀伊國屋書店Bookweb/Kinoppy
セブンネットショッピング
BOOK☆WALKER
honto
Reader Store
ebook
ヨドバシカメラ
COCORO BOOKS
コミックシーモア
Neowing
DMM電子書籍
ひかりTVブック

山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編

注目

「山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編(ハーベスト出版)」を出版しました。全市町村228ヶ所の戦国時代に関する史跡を写真付きで掲載しています。地図・コラム・年表・人物事典も充実しています。
山陰の書店と全国の地域史のコーナーに並んでいます。書店に置いてない場合は「ISBN:978-4864562713」でご注文下さい。
ネット通販でも購入できます。
ハーベスト出版 公式サイト
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
紀伊國屋書店 ※店頭受取可
未来屋書店 ※店頭受取可
honto
e-hon
TSUTAYA ※店頭受取可
六一書房
キャラアニ.com
Honya Club.com
Neowing
ヤマダモール

内容が分からないと思いますのでCMを作りました。ド素人の拙い動画ですので代わりに作って下さる方がおられたら、お会いした際にお菓子の詰め合わせくらいは御礼としてお渡しします。

山陰の戦国史跡を歩く 島根編」も発売中です。鳥取県西部と島根県東部は密接な関係にあるため島根編も御購入いただけると理解が深まると思います。
平成時代に出た最初で最後の鳥取県の戦国時代史跡ハンドブックです。御購入、何卒よろしくお願い致します。

鳥取編 注文書

石見指月城(津和野城の支城)

●石見指月城
住所:島根県鹿足郡吉賀町六日市沢田
駐車場:入口近くに駐車スペース有り
遺構:曲輪・土塁など
標高:523メートル/比高:200メートル

 北に高津川が流れ南は平家ヶ岳の連山が続いている。石見の最南西近くの周防との国境に位置する。
 「匹見明見地斎藤氏系図」には平家の残党である斎藤実春が当地に逃れ、斉藤氏四代が在住したとある。室町中期になると津和野城主・吉見弘信の弟である竹内直信が入った。天文23(1554)年、陶晴賢が津和野城攻撃のため周防の山代から侵入した際、江良賢宜らの攻撃を受け落城し城主・守弘は戦死している。

(全景。手前は中国自動車道)
全景

(ちょいちょい迷って仕方なく直登したら主郭と東の曲輪の間に出た)
曲輪

(「ん」の字形の城域の東側。端に見えるが、この先にも曲輪が続く)
東側

(更に東に行くと二重の横堀があると縄張図にはあったが…これかな)
二重の横堀

(二重の横堀を越えると一段高くなっているところがあった。櫓台?)
櫓台

(東端の曲輪は土塁に囲われている)
土塁

(主郭(「ん」の真ん中)に至る尾根)
尾根

(主郭手前に到着)
主郭手前

(主郭)
主郭

(土塁の一部?)
土塁の一部

(主郭その2)
主郭その2

(主郭から更に北にも曲輪があった)
北の曲輪

感想:あちこちに横堀があったらしいのだが、ほとんど見つけられなかったです。危険なところは行かないようにしていたせいもあったと思います。


島根編 注文書

木曽野(木薗)遺跡(石見吉見氏発祥の地)

●木曽野(木薗)遺跡
住所:島根県鹿足郡津和野町中曽野
駐車場:なし(史跡周辺は道が狭く駐車スペースもなし)

 弘安5(1282)年、元寇に備え石見の防衛のため能登から移った吉見頼行が館を構えた土地である。その後、吉見氏は津和野に拠点を移した。

(木園神社跡に建つ鳥居。吉見氏の祖、源頼信・頼義・義家三代の霊と始祖の範頼の霊を祀っていたが八幡宮に合祀された。八幡宮とはおそらく中曽野の冨長山八幡宮のだろう)
鳥居

(木園神社跡に建つ社殿)
社殿

(吉見氏居館跡。字(あざ)は御所屋敷である)
吉見氏居館跡

(居館跡に建つ朽ちかけた標柱。「木部の歴史」は読めるが後は不明。木部の歴史を守る会がある(あった?)らしいので、それだろうか。木部とは中曽野を含めた地域名)
標柱

(居館跡の端に建つ鞭柳の石碑。吉見隆頼が山口の大内氏に参向の際、頼義社に参拝し柳の鞭の枝を持ち帰りこの地に植えた。碑には数首の和歌が刻まれている。何代目かの柳があったようだが気がつかなかった)
石碑

(吉見の池。居館の飲料水として使用され、吉見氏が津和野城に移った後も若水(元旦にくんで用い一年中の邪気を払う水)として大切にされた)
吉見の池

(伝・吉見氏の墓。右が伝・頼行夫人の墓で、左が一族を祀る墓らしい)
伝・吉見氏の墓

(吉見氏の菩提寺・源流寺跡。吉見氏が津和野城に移ると城下に移され興源寺と改号された)
源流寺跡

感想:この地区は空き家が多く、将来の山陰のほとんどがこのようになると思うと悲しくなってきました。ここも昔は吉見氏関連の祭りとかやっていたのでしょうねえ…。


島根編 注文書

三本松城築城三石工の墓(津和野城の出丸、織部丸築城石工の墓)

●三本松城築城三石工の墓
住所:島根県鹿足郡津和野町鷲原
駐車場:なし

 慶長5(1600)年、津和野城主となった坂崎出羽守直盛は城の北西に出丸である織部丸の築城を計画。直盛は紀伊の石工の根来坊、阿林坊、南胡坊を招誘し築城させたが、完成すると城の情報漏洩防止のため斬殺したという。ここはその3人の墓だと伝わる。

(入口。看板も立っており分かりやすい)
入口

(墓に行くには石段を少しだけ登る)
石段

(墓所全景)
墓所

(おそらく3人の内の2人の墓だろう)
2人の墓

(多分だがもう1人の墓)
1人の墓

感想:隣に建つ中原集会所を目指して行くと分かりやすいです。
 直盛は治世が短かったせいか津和野では悪い話が伝わっていることが多いですね。


島根編 注文書