周防茶臼山城(大内輝弘終焉の地)

●周防茶臼山城
住所:山口県防府市富海
駐車場:富海海水浴場の駐車場を利用
遺構:曲輪
標高:108メートル/比高:104メートル

 築城年代などは不明。永禄12(1569)年、大内再興のため山口市秋穂地区に上陸した大内輝弘だったが、毛利軍の反撃に遭い秋穂に撤退する。しかし船は引き上げていたため吉川元春の追撃を受けながら富海まで逃げた。だがここも船が一艘もなかったため、当城で抵抗したが遂には自害して果てる。

(茶臼山城(向かって右端)と富海浦)
富海浦

(上から見た富海浦。ここまで来た時に輝弘はすでに諦めていたのだろう)
富海浦

(旧山陽道入口。ここから城に向かう。散歩している地元の方と話したところ、この辺りでも熊の目撃情報があるとのこと)
山陽道

(国道2号線と山陽本線の間にある旧山陽道)
山陽道

山陽道

山陽道

(茶臼山城の麓(山陽道沿い)にある大内霊神の祠。大内輝弘を祀っていると伝わる)
大内霊神

大内霊神

(大内霊神の隣にあった祠。中は村朝霊神と刻んであったが祠に大内氏の家紋があり、こちらも何か関係がありそう)
村朝霊神

(山陽道から茶臼山に登る。写真では分かりづらいが登山道がある)
登山道

登山道

(途中には輝弘が切腹した場所と伝わる腹切岩がある)
腹切岩

(山頂部の曲輪。残念ながら小さな曲輪と山陽道のある北以外の三方が急斜面になっているだけで、小規模な戦ならともかく毛利の大軍に抵抗できるとは思えない)
曲輪

曲輪

曲輪

感想:国道2号線から富海駅の東側を越えて富海海水浴場に出ることができますが道が非常に狭いため、遠回りでも富海公民館かもう一つ東の信号から南に入った方がいいです。





俊龍寺(豊臣秀吉、足利義輝、足利義昭の供養塔。弘中隆兼の墓)

●俊龍寺
住所:山口県山口市天花2-12-1
駐車場:あり

 大内氏の重臣・弘中氏の菩提寺だったが、大内氏滅亡後に荒廃した。慶長2(1597)年が足利義輝と義輝の母の33回忌だったことから毛利輝元の命で柳澤元政が法会を取り仕切っている。元政はその頃、当地に献珠院を再興しておりそこで法会を行い、同年に亡くなった足利義昭の法会も行って3人の供養塔を建てた。翌年の慶長3(1598)年に豊臣秀吉が亡くなると輝元の命で元政が廟の建立を行っている。元政は当寺を位牌所とし秀吉拝領の鎧を納め供養塔を建て、山号を豊国山、寺号は秀吉の法名「国泰寺殿雲山俊龍大居士」より俊龍寺と改めた。

(山門)
山門

(本堂)
本堂

(向かって右から豊臣秀吉、足利義輝、足利義昭、義輝と義昭の母・慶寿院の供養塔)
豊臣秀吉、足利義輝、足利義昭、義輝と義昭の母・慶寿院の供養塔

(裏山に建つ柳沢家の墓)
裏山に建つ柳沢家の墓

(弘中隆兼の墓)
弘中隆兼の墓

感想:秀吉らの墓は解説があり丁寧に扱われていますが、隆兼の墓は墓地の一角にひっそりとありました。墓の後ろの石碑には名前が刻んでありましたが・・・。





澄清寺跡(大内持世の菩提寺)

●澄清寺跡
住所:山口県山口市宮野下
駐車場:なし

 山号は正定山。臨済宗。嘉吉元(1441)年、嘉吉の乱で大内持世は赤松勢に抵抗したため重傷を負い京都で亡くなり遺体は当寺に葬られた。その後、墓は行方不明になったが、明治時代に毛利家が標石を建てている。

澄清寺跡

澄清寺跡

澄清寺跡

澄清寺跡

澄清寺跡

感想:寺院跡はご覧の通り倒木、崩れた石垣などがあり荒れ放題でした。
 大内持世の墓らしい場所が高台にありましたが、この日は大雨で危険だったので参拝しませんでした。次回は行ってみようと思います。