平経盛隠棲の洞窟(平家の落人伝説)

●平経盛隠棲の洞窟
住所:鳥取県八頭郡若桜町落折
駐車場:車2台程度が駐められる駐車スペースあり

 平清盛の異母弟・平経盛は通説では壇ノ浦の戦いで入水したとされているが、伝承ではその後に上陸し落折(おちおり)地区に主従20人ほどで洞窟に隠れ住み平家再興の好機を待ち続けたという。落折地区の全戸が平家姓で、落折の地名も「平家が落ち居る」の落ち居るが訛ったものだと伝わる。

(向かって左が洞窟。近代になって道を通すために岩を割ったのだろうか)
道

道

(祠)
祠

(洞窟)
洞窟

洞窟

洞窟

感想:手前の道に熊除けの柵があるため入るときは自分で開けて帰りは必ず閉めましょう。





甑山城(尼子再興軍の城)

●甑山城
住所:鳥取県鳥取市国府町町屋

 元亀3(1572)年に尼子再興軍が占拠すると、それに対抗する武田高信が攻めたが敗北している。

(全景)
全景

(道を歩いていると曲輪らしき場所があった)
曲輪

曲輪

(主郭)
主郭

主郭

主郭

(主郭の土塁と堀かと思って写したが、どうも太平洋戦争の際の遺構らしい)
遺構

(主郭より西側を望む)
西側

感想:歴史についての詳しいことは『山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編』を参考にしてください。

(縄張図)
縄張図





布勢平神社(布勢の清水・飛脚塚)

●布勢平神社(布勢の清水・飛脚塚)
住所:鳥取県鳥取市気高町殿533
駐車場:布勢の清水の駐車場あり

 祭神は誉田別命、倉稲魂命。由緒は不明だが、明治元(1868)年に同地区にあった稲荷神社を合祀し八幡宮から現在の社名に変更した。
 布勢平神社の境内にある布勢の清水は「八幡さんの清水」とも呼ばれ、亀井茲矩が「その清冷さ氷のごとき」と褒め涼亭を建て納涼したという。
 飛脚塚は百里小僧と言われた飛脚の墓で、亀井茲矩に仕え一日百里を走ると噂された。その健脚を不思議に思った茲矩が百里小僧を殺して調べると脇の下に羽毛が生えていたという。後悔した茲矩は塚をたて葬ったとされ、足や肩の痛みに御利益があるという。

(鳥居)
鳥居

(参道)
参道

(社殿)
社殿

社殿

(鳥居前にある布勢の清水)
布勢の清水

(飛脚塚)
飛脚塚

感想:布勢の清水の給水スポットはこの周りに何ヶ所があるみたいです。