出雲福良城(雲芸攻防戦で争奪戦になった城)

●出雲福良城
住所:島根県松江市東出雲町上意東
駐車場:なし
遺構:曲輪、堀切など
標高:190メートル/比高:150メートル

 東出雲町から京羅木山を越えて月山富田城に向かう荒田越にある要衝だった。尼子氏の家臣・佐久間左衛門入道の居城だったと伝わり、左衛門入道が永禄年間(1558~1570年)に毛利氏に寝返ったため尼子軍に落とされている。その後、尼子氏は2名の家臣を入れたが、両名も毛利氏に寝返ったため再び尼子軍に落とされた。
 毛利氏の家臣が残した「小川信秀覚書」の写しには「福良伊藤小屋罷籠切退候時高名仕」とあり、理由は不明だが毛利軍が立て籠もったが放棄したようである。

(全景)
全景

(入口にある看板)
看板

(山はそのまま登らず写真のところで曲がる。看板がないので気をつけること)
曲がる

(細長い曲輪とたまに堀切がある単純な城だった。どうやら雲芸攻防戦の頃、臨時に造られた城のようだ)
細長い曲輪

細長い曲輪

細長い曲輪

細長い曲輪

細長い曲輪

細長い曲輪

感想:GPSログを取っていなかったため後で見返した際、どこを歩いたか分からなくなりました。

(縄張図)
縄張図





売布神社(尼子氏家臣と吉川広家ゆかりの神社)

●売布神社
住所:島根県松江市和多見町81
駐車場:有り

 売布(賣布)は「めふ」と読む。祭神は速秋津比賣神など。創建年代は不明だが、元は来待村の鏡(同市宍道町東来待)の辺りにあったようだ。やがて岩崎鼻(同市栄町)に遷り、13世紀頃には現在地に遷っている(近世までは同市寺町にあったという説もある)。その頃は白潟大明神・橋姫大明神と呼ばれていた。
 享禄3~4(1530~31)年には京極氏の一族で尼子経久に従っていた鞍智右馬助久信が寄進を行う。『雲陽誌』によると文禄年間(1592~96年)に吉川広家が建立した際の棟札があったという。

(鳥居と随神門)
鳥居と随神門

(参道と拝殿)
参道と拝殿

拝殿

(常光神社)
常光神社

(船霊神社。祭神は表筒男命、中筒男命、底筒男命)
船霊神社

(金刀比羅神社。祭神は大名牟遅命、少彦名命)
金刀比羅神社

(和田津見社。櫛八玉神、豊玉彦神、豊玉姫神)
和田津見社

(本殿)
本殿

感想:駐車場はありますが狭いので気をつけてください。
 山陰の戦国史跡を歩く 島根編から割愛した史跡です。





出雲丸倉山城(毛利元就が築かせた城)

●出雲丸倉山城
住所:島根県松江市宍道町上来待、雲南市大東町幡屋
駐車場:あり
遺構:曲輪
標高:370メートル/比高:242メートル

 真倉山城、馬鞍山城とも呼ばれる。読み方は全て「まぐらやまじょう」。北の宍道湖や南の雲南市方面を見渡せる場所にある。雲芸攻防戦の最中、毛利元就が陣城として近くの領主だった大西氏や立原氏に築かせたという。戦線がより東になりと陣城として洗合城が築かれると役割を終えたと思われる。

(登山道の途中にあった岩場。登山道を作るためか削られていた)
登山道

(土橋のような登山道。城域外だが防御の役割もあったかも、と思って撮影した)
土橋

(山頂部にある曲輪群。主郭が中央にあって周辺に曲輪があるだけの単純な造りで、毛利氏が出雲の領主に兵が駐屯するために取りあえず築城させたという感じがする)
曲輪群

曲輪群

曲輪群

曲輪群

曲輪群

曲輪群

曲輪群

曲輪群

(北の宍道湖を望む)
宍道湖

(南を望む。盆地はおそらく大東町幡屋地区)
南

(主郭に祀ってある仏さん?)
仏さん?

感想:真夏に登りましたが登山道は整備がしてあり草やマダニに悩まされることはありませんでした。案内板も多く迷うことはないです。
 結構な急斜面で登るのが辛かったです。