山口ザビエル記念聖堂(サビエル像)

●山口ザビエル記念聖堂
住所:山口県山口市亀山町4
駐車場:あり

 天文20(1551)年、山口を再訪したフランシスコ・サビエルは当地の大名だった大内義隆の許可をもらい大導寺で布教活動を開始した。しかし毛利元就や豊臣秀吉、江戸幕府によるキリスト教への迫害があり長く禁教とされる。
 明治維新後にキリスト教が許され明治21(1888)年には大導寺跡と思われる場所に教会が建てられた。昭和27(1952)年、現在地に移転するが、平成3年(1991年)に焼失する。平成10(1998)年に再建され現在に至る。

(再建された記念聖堂)
記念聖堂

(キリストらしい)
キリスト

(キリスト生誕2000年を記念して鋳造された大聖年の鐘)
大聖年の鐘

(井戸端で説教をするザビエル像)
ザビエル像

感想:毛利元就がキリスト教を迫害していたのは初めて知りました。
 通常は内部の見学が可能なのですが、今はコロナ禍で閉館しているようです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA