因幡荒神山城(因伯の要衝)

●因幡荒神山城
住所:鳥取市鹿野町河内
駐車場:なし
遺構:曲輪・土塁・竪堀
標高:466メートル/比高:276メートル

 築城年代は不明だが、城のそばを三徳山方面に抜ける滑石坂と佐谷越が通る因伯の要衝だった。因幡民談記や因幡誌によると城主は武田高信の家臣・矢田七郎左衛門と草香部氏だという。天正9(1581)年頃、鹿野城主・亀井茲矩からの年貢の催促に矢田氏の支配する農民が応じなかったため、茲矩の攻撃を受けて落城した。矢田氏は倉吉市に落ち延び商人となって繁栄したと伝わる。
 元亀2(1571)年5月、当城には尼子再興軍に味方する勢力が籠もっていたが毛利軍の山田重直が落としている(「山田家古文書」)。織田と毛利の戦いが激化してきた天正8(1580)年には織田に反発し鹿野城を出た一部の兵が当城に籠もった(「藩中諸家古文書纂」)。天正9(1581)年6月には毛利軍が織田と南条に備えるため兵と兵糧を補充し、吉川元長が普請を命じている(「吉川史料館所蔵文書」)。その後は不明だが鳥取落城後は茲矩や羽柴秀吉によって攻略されたと思われる。

(入口。分かりづらい)
入口

(祠。これが荒神さんなんかなあ)
荒神さん

(祠から更に上に登ると平場に出る。周囲に城の遺構がないことから、おそらく前に荒神さんがあった場所で城とは関係がないと思われる。ここに兵がいても孤立するだけだし…)
平場

(平場の北側を登る以外、まともな道がない。検索すると西から直登した方もおられるようだ)
北側

(しばらく起伏のある尾根が続く)
尾根

(尾根が終わったところが本番で砂地を登らないといけない)
砂地

(切岸に到着)
切岸

(城域の北東にある曲輪群に出た)
曲輪

(曲輪群その2)
曲輪

(土塁かなあ…?)
土塁

(堀切)
堀切
堀切

(主郭。広い。毛利軍の普請によるものだろう)
主郭
主郭

(県の縄張図だと西に畦状竪堀があるのだが分からんかった)
竪堀

(全景)
全景

(城の東を流れる佐谷川)
佐谷川

感想:降りる際、迷ってしまった上に滑って大変でした。その砂まみれのまま鳥取市であった午後の講演会に出ました。東にも曲輪群があったらしのですが危険なので行ってません。
 入口を教えて下さった地元の方、ありがとうございました!!


鳥取編 注文書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA