三光院(亀井茲矩ゆかりの寺)

●三光院
住所:鳥取市鹿野町鹿野1023
駐車場:不明

 真言宗。808(大同3)年、同町の岩見谷に創建されたと伝わる。戦国時代になると同町鹿野下町に移転された。天正16(1588)年に鷲峰山の周囲で洪水があった際、水谷川から不思議な光が発せられる。これを知った鹿野城主・亀井茲矩は当寺の住職・隆養と地元の住民に発光源を探させたところ、薬師如来・観音菩薩・勢至菩薩が見つかった。そこで茲矩は発見された場所(同町鹿野上町)の淵を埋め立て3つの像が光っていたことから三光院と号させ像を安置し、入仏式を行って鹿野城の鎮護とする。
 亀井家が津和野に移封されると荒廃し、寛永18年(1641)年に現在地に移された。本尊の木造薬師如来立像は県の保護文化財に指定されている。

(本堂)
本堂

(六地蔵)
六地蔵

(石仏)
石仏

感想:薬師如来立像は県内の特別展でも私は見た記憶がないです。


鳥取編 注文書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA