桂島(尼子勝久潜伏の地)

●桂島(尼子勝久潜伏の地)
住所:島根県松江市島根町加賀

 約1500万年前に噴出した溶岩の冷却でできた島。加賀港の防波堤の役割を果たしている。現在は橋で渡ることができ、釣りやアウトドアを楽しむ観光客で賑わう。
 元亀2(1571)年、尼子再興軍は毛利軍に出雲の大半を制圧されたため、主将の尼子勝久は真山城を捨て鈴垂城に移った後、桂島まで落ち延びた。その後、隠岐に渡ったという説がある。地元の伝承では再興軍が逃亡の際、慌てており鬘(かつら)を置き忘れていったため、鬘島→桂島と呼ばれるようになったという。
 

(加賀城から見た加賀港周辺の様子)
全景

(桂島の景色)
桂島

桂島

桂島

桂島

桂島

桂島

桂島

桂島

桂島

感想:楽しくて1時間半も歩いていました。

(ルートマップ)
ルートマップ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA