常光寺(尼子氏の菩提寺・洞光寺の末寺)

●常光寺
住所:島根県出雲市河下町537
駐車場:あり

 曹洞宗。創建年代は不明である。本寺は尼子氏の菩提寺・洞光寺(松江市新町)で、洞光寺の住職が開基したことから家紋が隅立て四つ目結である。寺宝の大般若経は鰐淵寺の塔頭・和多坊の所蔵のものと尼子国久寄進分を合わせたもので、出雲大社の神前で読まれたものという歴史的価値の高さを認められ出雲市の文化財に指定されている。

常光寺

常光寺

(隅立て四つ目結)
隅立て四つ目結

山中鹿介出生伝承地付近にあった五輪塔三基。山中家と関係があるかは不明だそう。ご覧の通り崩れてしまっている)
五輪塔

感想:出雲大社の神前というのは、法華経三万部読誦の時のことでしょうか。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA