播磨 南山田城(後藤又兵衛出生の地)

●播磨 南山田城(後藤神社)
住所:兵庫県姫路市山田町南山田(字 城山)
駐車場:不明
遺構:曲輪、土塁
標高:84メートル/比高:8メートル

 16世紀後半に別所氏の家臣・後藤基国が築いたという。ここで基国の次男として生まれたのが大坂の陣などで活躍した後藤又兵衛基次と伝わる。基国が天正6(1578)年から始まった三木城攻防戦で基国が戦死し基次が城主になったというが、諸説あり詳細は不明。

(南山田城の南側は南山田児童公園として整備されている)
南山田児童公園

(遺構のある区域は立入禁止になっている。三段の曲輪と土塁があるらしい)
立入禁止

(周囲や公園との境を回ってみた。城の雰囲気はある)
後藤神社

(公園の一角に建つ後藤神社。天明6(1786)年、村民の大谷長左衛門が後藤一族を祀るため創建した)
後藤神社

参考文献:兵庫県の地名2、歴史と神戸 : 神戸を中心とした兵庫県郷土研究誌 21、武蔵・又兵衛 : 郷土の剣豪たち、郷土の城ものがたり 中播篇、川柳郷土史散歩、現地の案内板

感想:検索すると以前は入れたようですが、現在はご覧の通り立入禁止になっています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA