山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編

注目

「山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編(ハーベスト出版)」を出版しました。全市町村228ヶ所の戦国時代に関する史跡を写真付きで掲載しています。地図・コラム・年表・人物事典も充実しています。
山陰の書店と全国の地域史のコーナーに並んでいます。書店に置いてない場合は「ISBN:978-4864562713」でご注文下さい。
ネット通販でも購入できます。
ハーベスト出版 公式サイト
Amazon
楽天ブックス
セブンネットショッピング
HMV&BOOKS online
紀伊國屋書店 ※店頭受取可
未来屋書店 ※店頭受取可
honto
e-hon
TSUTAYA ※店頭受取可
六一書房
キャラアニ.com
Honya Club.com
Neowing
ヤマダモール

内容が分からないと思いますのでCMを作りました。ド素人の拙い動画ですので代わりに作って下さる方がおられたら、お会いした際にお菓子の詰め合わせくらいは御礼としてお渡しします。

「山陰の戦国史跡を歩く」というタイトルなので、島根編も進行中です。下書きはお渡ししたのでゲラ待ちです。
平成時代に出る最初で最後の鳥取県の戦国時代史跡ハンドブックになると思います。御購入、何卒よろしくお願い致します。

表紙

夜須大宮八幡宮(長宗我部元親参拝の神社)

夜須大宮八幡宮(長宗我部元親参拝の神社)
住所:高知県香南市夜須町西山254
駐車場:不明

 祭神は応神天皇。平安時代後期、夜須荘が京都の石清水八幡宮宝塔院領の一つとなったため鎮守として八幡宮が勧請された。千切(同町千切)に仮宮が建てられた後、何度か移転し現在地に鎮座する。
 広大な社領を有し武門の信仰が篤く長宗我部元親も花見と秋祭りに参拝して能見物をしたという。元親・信親父子の名前が入った天正2(1574)年の棟札がある。山内氏の時代になると社領を減じられた。現在の社殿は文化4年(1807)に改築されている。

(鳥居)
鳥居

(かつての御神木?)
御神木

(拝殿)
拝殿

(百手碑。この神社は百手祭という弓を射る行事が有名らしい)
百手碑

(本殿)
本殿

感想:参考にした本には元親・盛親父子とありましたが年号が合わないため(盛親は天正3年生まれ)、SNSに書いたところ盛親ではなく信親だという情報をいただきました。ありがとうございました。
 鳥居の前に駐車スペースはあるのですが駐めてよいのか分かりませんでした。


写真の提供についてはこちらをクリック