十神山城(尼子十砦の一つ)

●十神山城
住所:島根県安来市安来町

 尼子十砦の一つ。近世初頭まで島だった。雲芸攻防戦や第一次尼子再興戦で戦いの舞台になっている。

(全景)
全景

全景

(北東にある小十神。「へ」の字型に曲輪があり、中海だった南東側に曲輪が延びている)
小十神

小十神

小十神

小十神

(城の中心にある中十神)
中十神

中十神

(中心の十神山は突き出ている箇所に曲輪群がある。他は断崖になっているから、攻防があるとしたらそこになるのだろう。写真は主郭)
主郭

主郭

(南東の曲輪群)
南東の曲輪群

南東の曲輪群

(南の曲輪群。そのまま下ると南の駐車場に出る)
南の曲輪群

南の曲輪群

南の曲輪群

(西の曲輪群。どれも同じように見えるかもしれないですが、気のせいです)
西の曲輪群

西の曲輪群

(中海沿いにある畳岩。安来港も見える)
畳岩

畳岩

畳岩

(キャンプ場近くの砂浜。ここから十神山城の兵が出撃していたのだろうか。他に適当な場所がない)
砂浜

砂浜

砂浜

感想:歴史についての詳しいことは『山陰の戦国史跡を歩く 島根編』を参考にしてください。
 前は山頂に行って終わりでしたが、じっくりと回ってみると遺構があり城の縄張についても理解できました。

(ルートマップ)
ルートマップ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA