田和山遺跡(謎多き環濠集落)

●田和山遺跡
住所:島根県松江市乃白町
駐車場:有り

 平成9~12(1997~2000)年、松江市立病院建設にともなって発掘調査が行われた際、三重の環濠とその外側に住居が分布する特異な構造が発見され現状保存された。この環濠は軍事的な防御のためではなく神聖な空間を守るためだったのではないかという説がある。平成13(2001)年に国の指定史跡となる。

(この石標柱のある谷の部分は土器川らしい。関係ないが土器川と言えば丸亀市)
土器川

土器川

(西側居住区)
西側

西側

(三重の環濠。ここから先は聖域らしい)
三重の環濠

三重の環濠

三重の環濠

(山頂部。ここで宗教的な儀式が行われていたのだろうか。2枚目の写真の奥に見えるのが市立病院)
山頂部

山頂部

山頂部

山頂部

(北側住居部)
北側住居部

北側住居部

感想:名前だけは聞いたことがあったのですが「遺跡は見なくてもいいや」と思い行ってませんでした。しかし『島根のトリセツ』で古代の歴史も担当したことから興味を持ち行ってみました。三重の環濠は一見の価値ありです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA