毛利隆元逝去の地(火葬した場所)

●毛利隆元逝去の地
住所:広島県安芸高田市高宮町佐々部
駐車場:なし

 永禄6(1563)年、毛利隆元は大友氏の講和成立により、尼子義久と戦っていた父・毛利元就の命で周防を出発して出雲に向かおうとしていた。しかし途中、当地にあった蓮華寺に滞在し和智誠春の饗応を受けた後、8月4日に急死する。遺体は蓮華寺前で荼毘に附された後、吉田郡山城内の寺に葬られた。
 月日が経つに従い火葬場に田畑が混入する可能性が出てきたため灰塚が建てられる。だが灰塚も風雨で倒れてしまい、嘉永5(1852)年に地元の有力者らが石壇を造り灰塚を安置した。

(入口。民家の中にあるような場所だったので声をかけて参拝した)
入口

(灰塚)
灰塚

灰塚

参考文献:広島県の地名、高田郡史 上巻

感想:近くに沐浴石や湯灌(死体を棺に納める前に、湯で洗い浄めること)石と呼ばれる、隆元の遺体を湯灌した大きな平たい石もあったそうですが、気がつきませんでした。


写真の提供についてはこちらをクリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA