備前龍ノ口山城(最所氏の城。龍之口八幡宮)

●備前龍ノ口山城
住所:岡山県岡山市中区祇園・四御神
駐車場:龍之口八幡宮の駐車場を利用
遺構:曲輪、土塁、堀切、虎口
標高:221メートル/比高:192メートル

 別名・天神山城。城主としては最所(最荘)元常など最所氏、山口与一、近藤与右衛門の名が伝わっている。天文年間(1532~55年)、備前金川城の松田氏が宇喜多氏に対抗するために築城し最所氏を配置したという説がある。永禄4(1561)年に最所氏が没落すると宇喜多氏の家臣が城主となったが、慶長5(1600)年の関ヶ原の戦いで宇喜多氏が改易され廃城になったと推測されている。
 龍之口八幡宮は祭神が誉田別命などで、天平時代にはあったようだが創建年代について明確なことは不明である。寛文元(1661)年、岡山藩主・池田光政が再建(創建?)し保護した。太平洋戦争中には武運長久の神社として、現在は受験の神社として地元から崇敬を受けている。

(一の鳥居から登頂)
一の鳥居

(しばらく登ると二の鳥居?と社殿近くの駐車場に出る)
二の鳥居

(三の鳥居)
三の鳥居

(やがて南の曲輪群に出る。主要な城域との間には東から西に沿って大きな堀切がある。独立しているように見えるが参道を通した際に大きな堀切の北にあった遺構が破壊された可能性がある)
堀切

南の曲輪群

南の曲輪群

南の曲輪群

南の曲輪群

(主郭の一番奥に建つ龍之口八幡宮)
龍之口八幡宮

龍之口八幡宮

龍之口八幡宮

(境内にある井戸。城の井戸として使われていたのか不明)
井戸

(境内の東から北にかけて逆L字型にある当城の中ではもっとも大きい曲輪群。土塁や折れ曲がる場所には虎口らしき箇所もあった。一部は立ち入り禁止になっているため注意が必要)
大きい曲輪群

大きい曲輪群

大きい曲輪群

大きい曲輪群

大きい曲輪群

大きい曲輪群

大きい曲輪群

(上記の曲輪群から北側を望む。左に見えるのが旭川)
北側を望む

(曲輪群を東に下るといくつかの平削地と二重の堀切があった。やがて東に下る登山道のようになってきたので引き返した)
曲輪群を東に下る

曲輪群を東に下る

曲輪群を東に下る

曲輪群を東に下る

曲輪群を東に下る

曲輪群を東に下る

感想:龍之口八幡宮の参拝客が多く地元では知られた神社のようでした。
 私は運動も兼ねて下の龍之口車塚公園に駐めて上がりましたが、上記の通り社殿近くに駐車場があります。面倒な方はそちらに駐めた方がよいでしょう。ただしどの道を通って行けばいいのかは私は知りません。

(縄張図)
縄張図


写真の提供についてはこちらをクリック




当ブログ掲載の縄張図について

 当ブログの縄張図は鳥取県文化財課様、島根県埋蔵文化財調査センター管理課様、古代吉備文化財センター様、山口県観光スポーツ文化部様、香川県教育委員会生涯学習・文化財課様、大原純一様(佐川町教育委員会様)、香美町教育委員会事務局生涯学習課様の許可を得られたもののみ掲載しております。個人利用は問題ありませんが、転載はお控えください。




備前亀山城(宇喜多直家の居城)

●備前亀山城
住所:岡山県岡山市東区沼
駐車場:なし
遺構:曲輪、土塁、切岸
標高:23メートル/比高:18メートル

 別名・沼城。沼地に囲まれた弁天山とその西の小丘(西の丸)から構成されている。天文年間(1532~55)、中山信正が築城したと伝わる。永禄2(1559)年、宇喜多直家が信正を謀殺し城を奪って居城にしたという。以降、直家は勢力を広げ天正元(1573)年には居城を岡山城に移し、その後は弟・春家が居城とした。天正10(1582)年、本能寺の変を知った羽柴秀吉は毛利氏と和睦し備中高松城を去った後、当城に移動したと伝わる。慶長5(1600)年の関ヶ原の戦いで宇喜多家が改易になり小早川秀秋が備前を支配すると廃城となり、天守は岡山城の大納戸櫓として移築された。

(全景)
全景

(城址に弁財天神社(宗形神社)があり境内が整備されていることから見学しやすい)
弁財天神社

弁財天神社

弁財天神社

(石段の途中にあった曲輪っぽい場所)
曲輪っぽい場所

曲輪っぽい場所

(神社のある本丸に到着。今更だが宇喜多推しが激しい)
本丸

本丸

本丸

(宇喜多秀家と豪姫の顔ハメパネルがあるのは生まれた年に直家がここを居城としていたからだろう。宇喜多氏については知識がないが明確にここで生まれたという記録があるのだろうか)
宇喜多秀家と豪姫の顔ハメパネル

(関ヶ原の戦いで敗れ八丈島に流された秀家の住居跡にあった手植えの蘇鉄の株分けをして植えたもの)
手植えの蘇鉄

(城址碑、直家飛躍の地の碑、秀家生誕地の碑)
城址碑

(本丸の東の一段下がった場所にある二の丸の曲輪群)
二の丸の曲輪群

二の丸の曲輪群

二の丸の曲輪群

二の丸の曲輪群

二の丸の曲輪群

(二の丸の北側にある三の丸)
三の丸

三の丸

三の丸

三の丸

(三の丸の西で本丸の北から西にある帯曲輪)
北から西にある帯曲輪

北から西にある帯曲輪

北から西にある帯曲輪

北から西にある帯曲輪

北から西にある帯曲輪

北から西にある帯曲輪

北から西にある帯曲輪

北から西にある帯曲輪

北から西にある帯曲輪

北から西にある帯曲輪

(帯曲輪から神社の裏側を望む。切岸になるのだろう)
切岸

(西の丸。浮田小学校内にあるため念の為、事前に学校の許可を取ってから入った)
西の丸

西の丸

西の丸

西の丸

西の丸

西の丸

感想:別名の沼城の名前の通り当時は周りが湿地帯で低山ながら非常に攻めづらい城だったと思われます。私は城に詳しくないので本丸らと西の丸がどうやって連携を取っていたのかが気になりました。


写真の提供についてはこちらをクリック