出雲高瀬城(米原綱寛の居城)

●出雲高瀬城
住所:島根県出雲市斐川町学頭

 尼子十旗の一つ。尼子氏の家臣で尼子再興軍としても活躍した米原綱寛の居城だった。

(登山道を歩いていると出てくる鉄砲立。この手前から既に城域らしい)
鉄砲立

(鉄砲立と七曲りの間にある曲輪群と土塁(?))
鉄砲立と七曲りの間

鉄砲立と七曲りの間

鉄砲立と七曲りの間

鉄砲立と七曲りの間

(高瀬城の名所、七曲り。そんなにきつくはない)
七曲り

七曲り

(分岐点の手前。虎口?)
虎口

(駄置場。縄張図だとほぼ中央の広い曲輪になる。ここが西と南の曲輪群の分岐点)
駄置場

(西に延びる曲輪群で小高瀬と呼ばれている)
小高瀬

小高瀬

小高瀬

小高瀬

小高瀬

(小高瀬の中間の曲輪。尼子十旗顕彰会が綺麗に草刈りされていた。ここから先は危険なので立ち入り禁止)
小高瀬の中間の曲輪

小高瀬の中間の曲輪

(引き返して大高瀬の曲輪群を見学)
大高瀬の曲輪群

大高瀬の曲輪群

大高瀬の曲輪群

大高瀬の曲輪群

大高瀬の曲輪群

大高瀬の曲輪群

大高瀬の曲輪群

大高瀬の曲輪群

大高瀬の曲輪群

(主郭に到着)
主郭

主郭

主郭

(主郭から見た出雲平野)
出雲平野

(今回は主郭から更に南の曲輪群も見に行った)
南の曲輪群

南の曲輪群

南の曲輪群

南の曲輪群

(堀切っぽい場所があったけど笹が多くて分かりづらかった)
堀切

感想:歴史についての詳しいことは『山陰の戦国史跡を歩く 島根編』を参考にしてください。

(縄張図)
縄張図

(ルートマップ)
ルートマップ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA