白鹿城(尼子十旗)

●白鹿城
住所:島根県松江市法吉町

 尼子十旗の一つ。雲芸攻防戦で激しい戦いが繰り広げられた。

(白鹿城西ノ谷登山口にある案内板)
看板

西ノ谷登山口

(この時は長谷正面登山口から登った。しばらく行くと本丸から南に突き出た曲輪群に出る)
突き出た曲輪群

突き出た曲輪群

突き出た曲輪群

突き出た曲輪群

(更に北に進むと二の床がある)
二の床

二の床

(主郭)
主郭

主郭

主郭

主郭

(主郭と北の曲輪群の間にある堀切)
堀切

堀切

堀切

(最北端の曲輪。本丸って標識があるけど、どうなんでしょうか。皆さん、本丸かどうか現地で確認してみてください)
最北端の曲輪

最北端の曲輪

最北端の曲輪

最北端の曲輪

(最北端の曲輪から東に下っている曲輪群。ここで買ったばかりの水筒を落として大泣きした)
東に下っている曲輪群

東に下っている曲輪群

東に下っている曲輪群

東に下っている曲輪群

(北西の曲輪群。ここでGPSログを取りながら縄張図を見て歩いているのに自分がどこにいるのか分からなくなった)
北西の曲輪群

北西の曲輪群

北西の曲輪群

北西の曲輪群

(南西にある小白鹿の曲輪と、小白鹿から松江市うぐいす台を望む。宍道湖も見える)
小白鹿

小白鹿

小白鹿

小白鹿

(ルートマップ)
ルートマップ

感想:歴史についての詳しいことは『山陰の戦国史跡を歩く 島根編』を参考にしてください。
 雲芸攻防戦では尼子が守りを固め同氏滅亡後は毛利が改修しているため、かなり大規模な城でした。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA