本宮山城(出雲大野氏の本城)

●本宮山城
住所:島根県松江市上大野町
駐車場:不明
遺構:曲輪など
標高:279メートル/比高:120メートル

 出雲大野氏の本城。大野氏は鎌倉時代に大野庄の地頭職に任ぜられ、戦国時代は尼子氏に従っていたが尼子氏滅亡後は毛利氏の配下となった。しかし尼子再興軍が上陸すると再興軍に属する。だが再興軍が不利になると再び毛利氏に降伏した。天正10(1582)年、宍道氏に騙し討ちにされ滅亡したと伝わる。

(山頂(主郭)。碑が建っており、城や大野氏の略歴が書いてあるパンフレットも用意してあることから地元の方には慕われているようだ)
山頂(主郭)

山頂(主郭)

山頂(主郭)

(山頂から見た景色。伯耆の大山から石見の三瓶山まで見渡せる)

(無線中継所の側にあった像。これって上下のサイズがあってないですよね。後からつけたのは分かるが、何とかならなかったのだろうか。頭がサイズオーバーで上に穴を空けたようだし)
像

(下の曲輪。藪になっており、ほとんど何も確認できなかった)
曲輪

曲輪

感想:車で無線中継所を目指せば簡単に行けますが、車道は狭いです。山頂に駐めていいかどうかは分かりません。

(縄張図)
縄張図





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA