播磨 北条砦(羽柴軍もしくは毛利軍の陣所跡?)

●播磨 北条砦
住所:兵庫県佐用郡佐用町下秋里(字 北条)
駐車場:不明
遺構:曲輪、土塁、堀、土橋
標高:301メートル/比高:211メートル

 築城年代など城史は全て不明。羽柴秀吉軍の陣所と伝わる目高の築地と上月城の中間にあるため、羽柴軍(もしくは毛利軍)が上月城を攻めるために平削された可能性がある。

(目高の築地への途中、この案内板を見たので周辺を調べてみた)
案内板

(曲輪1)
曲輪1

曲輪1

曲輪1

(南東に延びている曲輪2。下秋里の谷から来る敵への警戒のため?)
曲輪2

曲輪2

曲輪2

(土橋)
土橋

土橋

感想:目高の築地のある西側に土橋がある以外は目立った防御施設がないことから、目高の築地が抜けられた際に敵を食い止めるために築城されたのかもしれませんが、不明な点の多い砦です。
 昭和時代の本を読むと寄延陣屋というのがありここからもしれませんが(砦の場所が下秋里と寄延の境にある)確証がありません。

(概略図)
概略図