常陸小田城(常陸小田氏の居城)

●常陸小田城
住所:茨城県つくば市小田
駐車場:有り

 12世紀末、常陸守護に任ぜられた八田知家が築城したと伝わる。後裔は小田氏を名乗り南北朝時代には南朝方として活躍する。南朝の北畠親房は当城で『神皇正統記』を執筆した。
 戦国時代には大掾氏、結城氏、北条氏、佐竹氏などと戦い、当城を巡る激しい争奪戦を繰り広げている。当主・小田氏治が永禄12(1569)年の手這坂の戦いで敗退すると、佐竹氏配下の梶原政景が入り改修した。関ヶ原の戦い後、佐竹氏が秋田に移封されると廃城になる。

(城の案内板と碑)
城の案内板と碑

(北東の曲輪と土塁だったと思う)
北東の曲輪と土塁

(北堀と北橋)
北堀と北橋

(北西の曲輪)
北西の曲輪

(城址碑)
城址碑

(南東の曲輪。東池は作庭中だった)
南東の曲輪

(中心の曲輪の全景)
中心の曲輪

(東曲輪)
東曲輪

東曲輪

(南西馬出曲輪)
南西馬出曲輪

南西馬出曲輪

感想:訪れた2014年は工事中でしたが、現在は整備されているそうです。


写真の提供についてはこちらをクリック




月山寺(徳川家ゆかりの寺)

●月山寺
住所:茨城県桜川市西小塙1677

 天台宗。法相宗の僧・徳一が開基したと伝わる。応永17(1410)年、光栄によって改築され天台宗に改宗された。慶長5(1600)年、当時の住職・恵賢が西軍の降伏を祈願したことから徳川秀忠より寺領60石を与えられている。
 寺宝に源義経や弁慶とゆかりがあると伝わる網代笈(あじろあおい)などがある。

(山門)
山門

(本堂)
本堂

(境内の風景)
庫裡

(千手堂)
千手堂

(鐘楼)
鐘楼

(境内の桜)
桜

(千手堂の辺りから見た伽藍)
伽藍

感想:紅葉で有名らしいです。逆光だとレンズの埃が目立ちますが気にしないで下さい。


写真の提供についてはこちらをクリック




小山寺(富谷観音)

●小山寺
住所:茨城県桜川市富谷2190

 天台宗。富谷観音の通称で知られる。天平7(735)年に行基が開基したと伝わる。当初は長福寺と号していたが鎌倉時代に現在の寺号となった。寛正6(1465)年、下妻城主・多賀谷朝経が大檀那となり三重塔が再建される。
 三重塔や本堂などの伽藍と本尊の木造十一面観音菩薩坐像などが国や県の文化財に指定されている。

(県指定文化財の仁王門)
仁王門

(仁王門の天井。多分、綺麗だから写したのだろう。自分にしては珍しい)
天井

(大杉)
大杉

(県指定文化財の鐘楼)
鐘楼

(国指定重要文化財の三重塔)
三重塔

(縁結地蔵)
縁結地蔵

(県指定文化財の本堂)
本堂

感想:曖昧な記憶ですが、この時はお腹を壊していて急いでトイレに行きました。
 三重塔ですが、寛正6(1465)年は資料やネットの情報によって「建立」と「再建」に分かれています。前に建立されたものがこの年に再建されたと思いますが。私は棟札や刻銘を調べようとは思わないので、気になった方は調べてみて下さい。


写真の提供についてはこちらをクリック