尼子家代々奥津城(新宮党墓所)

尼子家代々奥津城
住所:安来市広瀬町富田
駐車場:近くに富田地区を観光するための駐車場有り
 尼子氏の軍事力の一翼を担っていた尼子国久の率いる新宮党だったが、天文23(1554)年に甥で尼子氏の当主・晴久に粛清される。昭和16(1941)年、新宮党一族の子孫が往時を偲んで奥津城が建てられた。
 ※奥津城(おくつき)・・・奥深い所にあって外部からさえぎられた境域の意から墓所のこと。神道では神霊をまつってある所

(入口)
奥津城入り口

(奥津城)
奥津城全景

感想:他のところで城の麓にあったので奥津城(おくつじょう)という城に関係のある墓だと最初、思いました。


写真の提供についてはこちらをクリック




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA