板井川要害(三隅氏の城)

●板井川要害(板井川城・登代城・戸城・戸代城)
住所:島根県益田市美都町板井川
駐車場:なし(近くに双川峡の駐車場があるが駐車の可否は不明)
遺構:曲輪、堀切、竪堀、横堀
標高:290メートル/比高:30メートル

 益田市指定文化財。三隅川の支流・板井川沿いにあり、安芸方面に抜ける道を抑える位置にある。城域は北から南にかけて約200メートルあり曲輪と堀切が続いている。
 築城年代は不明だが三隅氏が築城したと伝わり、暦応4(興国2、1341)年に益田氏に従う安富教元が当城を落とした。戦国時代になると当地区を含む丸毛郷などを巡って三隅氏と益田氏が争ったことから度々領主が変わった。
 天文24(1555)年、益田氏が陶晴賢の力を背景に三隅領の沿岸部を占拠すると三隅氏は内陸部へ追いやられる。数年後、これに対して三隅氏は尼子氏に内通した。理由は弘治3(1557)年に益田氏が尼子氏に敵対する毛利氏に降っていたためである。しかし内通が露呈。永禄4(1561)年、益田氏に当城を攻められ翌年には落とされている(「益田家文書」「小原文書」)。
 「赤雁斎藤家系図」には、戦国時代に斎藤信貞が功を立て三隅興信から当地区を与えられ築城。元亀年間、三隅隆繁が尼子再興軍に呼応し毛利氏に反旗を翻すと信貞の息子・信周もこれに従った。しかし宇津川城主・小原修理大夫に攻められて敗死。信周の子・信城は益田氏に仕えたとある。

(東から見た板井川要害。東西は急斜面になっている。矢印の場所から登る)
全景

(登り口近くにある石号の里。ここで柴犬のルーツとなる石州犬が生まれたらしい)
石号の里

(少し登ると城域に到着。ここからひたすら北に向かう)
城域

(南端の曲輪(尾根?))
曲輪

(やがて広めの曲輪に出る)
曲輪

(堀切)
堀切

(堀切その2)
堀切

(投石用の石らしい)
投石用の石

(再び曲輪。こんな感じで曲輪と堀切が続く。載せなかったが、この間にも曲輪がいくつかあった)
曲輪

(横堀)
横堀

(主郭? この辺りで道が危険になってきたので引き返した)
主郭

感想:前は保存会によって整備されていたそうです。今も状態が良いことから自治体や自治会が整備をしているのかしれません。
 竪堀があったようですが分かりませんでした。


写真の提供についてはこちらをクリック




令和2(2020)年を振り返って

・1月
 上旬に徳島・高知に、下旬に周防大島町を中心とした山口県を廻った。徳島・高知の時は風邪にかかってほとんど史跡巡りができなかったため特別展を見るのが精一杯だった。当時は「自己管理ができてないせいで勿体ないことをしたな」くらいで終わったが、今なら戻って自宅謹慎だし資料館にも入れなかった。
 周防大島町は普通に楽しんだよ。

(周防大島町の元正寺に建つ村上武吉の宝篋印塔)
村上武吉の宝篋印塔

・2月
 特に思い出がない。

・3月
 尼子再興450年 尼子再興(再考・採光・最高)の旅 第三回を主催した。
 話題になった狗尸那城に行った。この時、縄張図の書き方を教えていただいたが未だに練習せず…。早めにやってみます。

(鳥取市鹿野町の狗尸那城)
狗尸那城
狗尸那城

・4月
 仕事の担当が2人→1人になった上に繁忙期のためどこも行けず。

・5月
 この月も仕事が忙しかった。そしてコロナでの自粛が本格的になっている時期だったので県内の史跡を少し廻っただけ。

(鳥取県大山町の大神山神社奥宮)
大神山神社奥宮

・6月
 県外移動が多少自由になってきたので気晴らしを兼ねて出雲地方を廻った。念願の佐々布要害山城に行けた。

(松江市の佐々布要害山城)
佐々布要害山城
佐々布要害山城

・7月
 さすがに仕事をするのが無理になってきたので一週間ほど休職した。

・8月
 古代出雲歴史博物館に「大地に生きる ~しまねの災と幸~」を見に行った。

(その時に寄った出雲市の宇龍港)
宇龍港

・9月
 相変わらず遠出しづらい雰囲気だったので県内を巡った。三朝町の俵藤太秀郷(藤原秀郷)の墓に参拝できたのが一番の思い出。

(俵藤太秀郷の墓。ここから鹿野町に抜ける道が急カーブが多く大変だった)
俵藤太秀郷の墓

・10月
 数人で奥出雲町の亀嵩城を登る。何度も迷ったので複数人で行って良かったと思った山城だった。遺構は…。

(亀嵩城全景)
亀嵩城

・11月
 国が急に「皆で移動して金を使おうぜ」と言い始めたので隠岐の島と高知県西部を廻った。割引もあって格安で旅行できた。
 高知県三原村でコロナをまき散らしたら村を全滅させることになってしまい長宗我部元親と同じくらい伝説の悪魔にされると思い、極力住民とは接触しなかった。

(隠岐郡西ノ島町の焼火神社)
焼火神社

(宿毛市の布城)
布城

・12月
 再び「移動はまずい」という雰囲気になったので山陰の中をうろうろしただけ。

(米子市の尾高城)
尾高城

 ほとんどの方がそうだと思うがコロナに振り回された一年だった。来年の目標は…もう少し読書することくらいでしょうか。
 それではよいお年をお迎えください。

写真の提供についてはこちらをクリック




三光院(亀井茲矩ゆかりの寺)

●三光院
住所:鳥取市鹿野町鹿野1023
駐車場:不明

 真言宗。808(大同3)年、同町の岩見谷に創建されたと伝わる。戦国時代になると同町鹿野下町に移転された。天正16(1588)年に鷲峰山の周囲で洪水があった際、水谷川から不思議な光が発せられる。これを知った鹿野城主・亀井茲矩は当寺の住職・隆養と地元の住民に発光源を探させたところ、薬師如来・観音菩薩・勢至菩薩が見つかった。そこで茲矩は発見された場所(同町鹿野上町)の淵を埋め立て3つの像が光っていたことから三光院と号させ像を安置し、入仏式を行って鹿野城の鎮護とする。
 亀井家が津和野に移封されると荒廃し、寛永18年(1641)年に現在地に移された。本尊の木造薬師如来立像は県の保護文化財に指定されている。

(本堂)
本堂

(六地蔵)
六地蔵

(石仏)
石仏

感想:薬師如来立像は県内の特別展でも私は見た記憶がないです。


写真の提供についてはこちらをクリック