光清寺(日本三観音)

●光清寺
住所:鳥取県鳥取市滝山336
駐車場:無し

 時宗。平安時代末に創建されたと伝わり、嘉慶年間(1387~89年)には寺勢が興隆し伽藍も整備されていたが、天正元(1573)年頃に因幡で戦っていた山中鹿介によって全焼させられたという。その後、地元の住民が庵を結んでいたが、慶長16(1611)年に満悟が再興した。江戸時代は鳥取藩主・池田家からの崇敬を受けている。
 本尊の聖観世音菩薩は祈念すると開運出世することから出世観音と呼ばれている。

(本堂)
本堂

(境内に建っていた五輪塔群)
五輪塔群

感想:本尊は日本三観音の一つらしいです。


写真の提供についてはこちらをクリック




加美美都神社(亀井茲矩ゆかりの神社)

●加美美都神社
住所:鳥取県鳥取市気高町上光969
駐車場:無し
 
 祭神は日本武尊など。創建年代は不明だが、宇武王大明神と呼ばれていた。当地を治めた武将から崇敬され、亀井茲矩が社領を寄進している。明治40(1907)年、現在の社名に改めた。

(鳥居)
鳥居

(参道)
参道

(社殿)
参道

感想:鳥居や参道前に駐車スペースはありました。


写真の提供についてはこちらをクリック




「長宗我部元親・盛親(平井上総 著)」

 久々に長宗我部関係の本を購入した。タイトルは「長宗我部元親・盛親 ~四国一篇に切随へ、恣に威勢を振ふ~(平井上総 著)」。平井さんは長宗我部関係の論文などをいくつも書かれておりファンの間では知られているが、概説書を書かれるのは初めて(のはず)。

 この本の一番の特徴は通説を否定している箇所も含めて候文が全く出て来ないことだ。候文が出てきただけで「難しそう・・・」と思って読むのを諦める方もいる(自分も昔はそうだった)。そういった方にも読んでもらうようにする配慮だろう。

 他に感じたことは
・長宗我部に関する一次史料が少ないため、その中で実情を明らかにしようと苦労して書いておられるのが伝わる。
・香川親和の実名が不明で通称の五郎次郎しか確実な史料に出て来ないのを初めて知った。
・論文と重複する部分があるので初見の内容ではない箇所が多かったが、概略を読み直す形になり良かった。
・後書きにもあるが、盛親を駄目息子と思っている方がいるので、そういうイメージを持っている方は読めば印象が変わると思う。
 と言ったところか。

 結論としては長宗我部元親・盛親に関しての最新の説を手っ取り早く知ることのできる良書。これから長宗我部を本格的に知りたいと思っている方に是非読んでもらいたい。

長宗我部元親の像




写真の提供についてはこちらをクリック