周防茶臼山城(大内輝弘終焉の地)

●周防茶臼山城
住所:山口県防府市富海
駐車場:富海海水浴場の駐車場を利用
遺構:曲輪
標高:108メートル/比高:104メートル

 築城年代などは不明。永禄12(1569)年、大内再興のため山口市秋穂地区に上陸した大内輝弘だったが、毛利軍の反撃に遭い秋穂に撤退する。しかし船は引き上げていたため吉川元春の追撃を受けながら富海まで逃げた。だがここも船が一艘もなかったため、当城で抵抗したが遂には自害して果てる。

(茶臼山城(向かって右端)と富海浦)
富海浦

(上から見た富海浦。ここまで来た時に輝弘はすでに諦めていたのだろう)
富海浦

(旧山陽道入口。ここから城に向かう。散歩している地元の方と話したところ、この辺りでも熊の目撃情報があるとのこと)
山陽道

(国道2号線と山陽本線の間にある旧山陽道)
山陽道

山陽道

山陽道

(茶臼山城の麓(山陽道沿い)にある大内霊神の祠。大内輝弘を祀っていると伝わる)
大内霊神

大内霊神

(大内霊神の隣にあった祠。中は村朝霊神と刻んであったが祠に大内氏の家紋があり、こちらも何か関係がありそう)
村朝霊神

(山陽道から茶臼山に登る。写真では分かりづらいが登山道がある)
登山道

登山道

(途中には輝弘が切腹した場所と伝わる腹切岩がある)
腹切岩

(山頂部の曲輪。残念ながら小さな曲輪と山陽道のある北以外の三方が急斜面になっているだけで、小規模な戦ならともかく毛利の大軍に抵抗できるとは思えない)
曲輪

曲輪

曲輪

感想:国道2号線から富海駅の東側を越えて富海海水浴場に出ることができますが道が非常に狭いため、遠回りでも富海公民館かもう一つ東の信号から南に入った方がいいです。





渡辺七人塚(渡辺一族の墓)

●渡辺七人塚
住所:広島県安芸高田市甲田町下小原
駐車場:なし

 尼子氏と通じ毛利元就の代わりに弟の相合元綱を擁立しようとした渡辺勝らだったが、これを察知した元就によって元綱や勝は殺されてしまう。その後、元就は渡辺一族七人も殺害した。塚はその七人を祀ったもので石塔と桜、榎を植えて墓標としている。

渡辺七人塚

渡辺七人塚

渡辺七人塚

(目印としていた榎が枯死したが、そこから添え木(?)したけど台風で倒木した榎の根)
榎

感想:個人宅にあるため許可を取って参拝しましょう。家の方によると最近は鹿が悪さをして石塔を倒すそうで、何度直しても繰り返されることからそのままにされているそうです。





中山神社(毛利元就勧請の神社)

●中山神社
住所:広島県安芸高田市吉田町桂96
駐車場:あり

 天文16(1547)年、毛利元就(桂元澄とも)が鎌倉の鶴岡八幡宮を勧請し八幡宮を創建したのが始まり。毛利家の崇敬が厚く元澄が奉納した神鏡が什物としてある。慶安年間(1648~52年)に修築、その後の嘉永6(1853)年に焼失したため安政2(1855)年に再建した。
 樅の大木の原材を刳り貫き胴とした大太鼓は万延元(1860)年に一番木は宮島の厳島神社に、二番木は当社に、三番木は川本神社に寄進されたものである。

(石段と狛犬)
石段と狛犬

(鳥居)
鳥居

(社殿)
社殿

社殿

社殿

感想:神楽殿みたいなところが材木置き場になっているのを見て悲哀を感じました。