高知・愛媛8泊9日史跡巡りの旅2010(1日目:シンポジウム)

Pocket

 5月22日(土)、高知県の歴史民俗資料館で長宗我部氏に関するシンポジウムに参加するため高知市に向かう。渋滞を避けるため、朝の3時半に出発。徳島県で仮眠を取って高知駅に到着。歴史民俗資料館が南国市にあるのでそのまま迎えば良かったのだが、同時に長宗我部フェスというお祭りが開催されており渋滞が予想されたため、駅の駐車場に駐めてバスで向かった。
 途中、偶然にも知り合いの方と出会い一緒に路線バスで向かった(高速バスで来るのは知っていたので一緒になる可能性が高いだろうなあ、とは思っていた)。12時半頃、歴史民俗資料館のある岡豊山の麓に到着。そこから登頂。途中に五郎次郎さんのお墓があったのでお参り。

(香川親和の墓。来るのは三度目?)

 歴史民俗資料館に到着すると仮装コンテストの前で割と静かだった。そちらを横目にシンポジウムに参加。たくさんの資料と4時間にも及ぶ講演はとても勉強になった。歴史民俗資料館さん、ありがとうございました。

(シンポジウムの会場)

 その後、飲み会に呼んでいただきました。飲み会の場所が分からずどうしたもんかと思いましたが、なんとかたどり着きました>< そしていろんな人といろいろ話して解散。立花家が好きな方と二人で飲みに行って0時半頃、ホテルに戻りました。
本日の感想:長宗我部がここまでなるとは・・・。10年前は誰も予想していなかった。ということをシンポジウムが終わった後に10年来の付き合いがある方と話していました。
 イベントを開催して下さった皆様、ありがとうございました!

写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA