土佐安芸城(安芸土居、安芸氏の居城)

●土佐安芸城(安芸土居、安芸氏の居城)
住所:高知県安芸市土居
駐車場:あり
遺構:曲輪、土塁、堀切、濠
標高:39メートル/比高:25メートル

 安芸平野の中央の位置し東に安芸川が流れる。蘇我赤兄(そがのあかえ)の子孫を名乗る安芸氏の居城で延慶元(1308)年に安芸親氏が築城したと伝わる。戦国時代になると西に侵攻する安芸国虎が東から侵攻してきた長宗我部元親と激しく争うが、永禄12(1569)年に安芸城を落とされ国虎は自害した。その後、元親の弟・香宗我部親泰、元親の四男・盛親、家臣の岩神氏が入っている。
 慶長5(1600)年の関ヶ原の戦いで長宗我部氏が改易され山内一豊が土佐を支配すると、家臣の五藤氏が当地に安芸土居を築いた。現在は遺構内に歴史民俗資料館などが建設されている。

(安芸土居の食い違い虎口)
虎口

虎口

(濠)
濠

濠

(後藤家顕彰碑)
顕彰碑

(後藤家を祀る藤崎神社)
藤崎神社

(安芸城の三の段)
三の段

(安芸城の二の段)
二の段

(虎口?)
虎口

(安芸城の主郭。土塁があった)
主郭

主郭

(北の段)
北の段

(安芸城から見た安芸市の街並み。右側はかつて川だったような雰囲気がある)
安芸市の街並み

(毒井戸跡。『土佐物語』には安芸城攻めの最中、元親に内通した横山民部が毒を投げ込み落城を早めたとある。後ろに見えるのが歴史民俗資料館)
毒井戸跡

感想:安芸城を落とした香宗我部親泰が安芸氏に改姓しようとしたが、香宗我部一族や家臣に止められて安芸守を名乗ることにしたという話を読んだ記憶があります。しかし出典を覚えていないです。





上長谷城(武光兵庫の居城)

●上長谷城(武光兵庫の居城)
住所:高知県幡多郡三原村上長谷
駐車場:近くに駐車スペースあり
遺構:曲輪、竪堀、土塁、堀切
標高:200メートル/比高:50メートル

 長宗我部元親の幡多郡侵攻によって滅ぼされた武光兵庫の居城だったと伝わる。

(竪堀)

(東の郭と土塁)

(曲輪の間にある堀切)
堀切

(城址碑と主郭)
城址碑

主郭

主郭

主郭

(主郭の先にあった竪堀? 堀切?)
竪堀

(東端の曲輪)
東端の曲輪

感想:民家の裏だったので地元の方の許可を取って登りました。





浄貞寺(安芸氏の菩提寺)

●浄貞寺
住所:高知県安芸市西浜556
駐車場:あり

 山号は元親山。曹洞宗。創建年代は不明だが、安芸城主・安芸元親が文明年間(1469~87年)に安芸市井ノ口の会下谷にあった寺を移転して自身の諱と法号を付け安芸氏の菩提寺とした。近世初期に焼失したが再興している。明治の廃仏毀釈で廃寺になるが、明治19(1886)年に再興している。

(山門)
山門

(本堂)
本堂

(羅漢堂。土佐藩の初代~六代までを祀っている)
羅漢堂

(近世末期に創建された安芸氏を祀る安芸神社)
安芸神社

(安芸元親の墓)
安芸元親の墓

(安芸元親の孫で、永禄12(1569)年に長宗我部元親と戦って敗れ自害した安芸国虎の墓)
安芸国虎の墓

(国虎の家臣で殉死した有沢石見守の墓)
有沢石見守の墓

(国虎夫人を実家の土佐一条氏のもとまで送り届け帰国後に自害した黒岩越前守の墓)
黒岩越前守の墓

(伝・安芸国虎夫人の墓)
安芸国虎夫人の墓

(大刀洗の池。国虎が切腹の際、太刀を浄めたと伝わる)
大刀洗の池

(袂杉。国虎夫人が墓参りの際に袂に入れて植えた。初代は大正9(1920)の台風で倒れ現在は二代目である)
袂杉

感想:史跡とは全く関係ないですが、寺に続く道で車を走らせていた際に電気工事と遭遇し作業員から「5分で終わりますから待って下さい」と言われた。クレーンで作業しており、どう見ても10分以上かかるだろうなと思ったらその通りになった。
 ああいう時、その場だけ相手のイライラを鎮めるため早めの時間を言いたくなるが、待たされたため後で余計に怒られるので適切な時間を伝えた方がいいと思う。


写真の提供についてはこちらをクリック