龍徳寺(山崎家盛の遺髪塔)

住所:鳥取県八頭郡若桜町若桜665

 曹洞宗。譲伝寺の住職・琴霊長素が1529年に曹洞宗を普及させるため当地に来て教化し用呂村(鳥取県八頭郡八頭町用呂)に堂宇を建てたのが始まりだという。
 天正年間(1573~1591年)、三世・祖山宗印が高野村(鳥取県八頭郡若桜町高野)に移転する。移転した理由は分からないが時期的に豊臣秀吉の因幡攻めで損害を受けたのだろう。1602年、五世・観宗秀音の時に若桜鬼ヶ城主になっていた山崎家盛が帰依し、山崎家の菩提寺となって現在地に移され寺号も龍徳寺になる(龍徳寺は家盛の戒名説と父・片家の戒名説がある)。
 家盛の子・家治が肥後天草・讃岐丸亀に移されると一緒に移ったが、当地にも残っている。

(駐車場に入ると立派な鐘楼門が目を引く)

(本堂)

(山崎家盛の遺髪塔)

感想:若桜駅からだと若桜鬼ヶ城に行く途中にあるので、一緒に行くのがいいと思います。




写真の提供についてはこちらをクリック