長田名和氏五輪塔(名和長年の曾祖父・祖父の墓)

住所:鳥取県西伯郡大山町長田

 1221年、村上氏(名和氏)は但馬から伯耆国長田(大山町長田)に移され、そこに館を構えた。のちに後醍醐天皇を助けて活躍する名和長年も当地で生まれている。その後、村上氏は伯耆国名和(大山町名和)に拠点を移し名和を名乗っている。
 五輪塔は長年の曾祖父・行明と祖父・行盛の墓で、館跡にあったが洪水で流れてしまったため地元の者が現在地に建て直した。

(名和氏先祖之御墓所の碑と名和氏先瑩碑)

(五輪塔。石材は孝霊山で採れる角閃石安山岩である)

感想:近くに車を駐めるだけのスペースがあります。


鳥取編 注文書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA