景石城(用瀬城、磯部城)

●景石城(用瀬城、磯部城)
住所:鳥取市用瀬町用瀬

 用瀬氏・磯部氏が城主だった。

(入口)
入口

入口

(堀切、竪堀とその下にあった曲輪らしき場所)
堀切

竪堀

曲輪

(その後は岩場が続く。こんなに石が多いから景石という名前がついたのか?)
岩場

岩場

岩場

岩場

(三の丸)
三の丸

三の丸

(二の丸)
二の丸

(二の丸と本丸の間にある小さな曲輪)
間

(本丸)
本丸

本丸

本丸

本丸

本丸

(本丸の東にある子持ち松砦。縄張図にはこれより先にも曲輪群があったが危ないので進まなかった)
子持ち松砦

子持ち松砦

(本丸から用瀬の市街地を望む)
市街地

感想:歴史についての詳しいことは『山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編』を参考にしてください。
 下のルートマップで南側に進んでいますが、三角山神社に行こうとして地図を確認したら遠すぎたので諦めただけです。遺構はないです。

(ルートマップ)
ルートマップ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA