上野 膳城(素肌攻め)

住所:群馬県前橋市粕川町膳

 築城年代は不明。膳氏の居城で、膳一族の中では1455年赤堀時綱に夜襲をかけられた膳信濃入道が知られている。戦国時代は桐生氏、上杉氏、由良氏、北条氏と度々城主が変わった。1580年、北条氏の家臣・河田備前守が城代の時、武田勝頼に攻められ落城。この時、武田軍は鎧を着けずに攻め落としたという「膳城素肌攻め」という伝承が残っている。
 現在、城は公園として整備され南北500メートル・東西250メートルの城域が確認されており、北曲輪からは井戸跡や16世紀前後の皿や内耳鍋が見つかった。

(本丸)

(城趾碑)

(西側の堀)

(北側の堀)

感想:場所が分からず近くで工事されている方に聞いてやっと辿り着けました。ありがとうございました!


写真の提供についてはこちらをクリック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA