第一回 所有デジカメ画質大会

Pocket

現在、手元にあるデジカメの画質を比較して見た。安物ばかりなので何の参考にもなりません。

参加デジカメ一覧
・オリンパス CAMEDIA FE-200
 画素数:600万画素
 発売年:2006年
 備考:全機種の中で一番古い
・ニコン COOLPIX L610
 画素数:1602万画素
 発売年:2012年
 備考:単三電池が使える
・ニコン COOLPIX P340
 画素数:1200万画素
 発売年:2014年
 備考:最新機種
・ニコン D3200(&AF-S DX NIKKOR 18-105mm)
 画素数:2400万画素
 発売年:2012年
 備考:一応、一眼レフなので画質が一番良いと思われる
・ソニー URBANO AFFARE
 画素数:810万画素
 発売年:2011年
 備考:ガラケー。今でも使いたいくらい高性能
・シャープ SH-06E
 画素数:1300万画素
 発売年:2013年
 備考:スマホ。カメラ機能以外は満足している
 全6機種。条件はオート撮影、フラッシュ禁止、広角側で撮影。

 まずは頻繁に撮影する拝殿で検証する。

(FE-200。F3.3、1/500、ISO64。全体的に眠たい画像)

(L610。F3.3、1/640、ISO125。FE-200よりははっきり写っている。技術の進化が分かる)

(P340。F2.8、1/60、ISO80。L610よりも綺麗だがシャープすぎる気も)

(D3200。F6.3、1/160、ISO100。画素数が多すぎてレンズがついていけていないのか、ぼやっとした印象)

(画像をリサイズすると綺麗。レンズとの相性から言って1500万画素くらいが限界かも)

(URBANO AFFARE。F2.4、1/600、ISO80。画素数以外はL610と遜色がない)

(SH-06E。F1.9、1/445、ISO40。見ての通りピントが合ってない。何をやっても合わない。壊れているんじゃないかと思う時がある)

 拝殿での検証は
 1位:D3200 2位:P340 3位:L610、URBANO AFFARE 4位:FE-200 リタイア:SH-06E
 といったところか。全体を画面で見てもそんな感じだった。まあ予想通り。

 次は海の写真。

(FE-200。F5.6、1/500、ISO64。やはり荒い)

(L610。F6.6、1/400、ISO125。FE-200の画素数が上がっただけというように見える)

(P340。F2.8、1/60、ISO80。L610よりディテールが崩れていない)

(D3200。F8、1/250、ISO100。元のまま切り取るとぼやっとしていたためリサイズした)

(URBANO AFFARE。F2.4、1/600、ISO80。ノイズが多い)

(SH-06E。相変わらず問題外)

 海での検証では
 1位:D3200、P340 2位:L610 3位:FE-200、URBANO AFFARE リタイア:SH-06E
 だった。
 最後は室内での撮影。だが、ここでブログを書くのが面倒になった。結果は似たり寄ったりでボケるのはやはりD3200が圧倒的だった。あとSH-06Eはピントが合った。風景で何とかピントが合わないのだろうか…。
 総合結果は
 1位:D3200 2位:P340 3位:L610、URBANO AFFARE 4位:FE-200 5位:SH-06E
 価格・大きさと画質は比例する、という当たり前の結果が分かっただけだった。

写真の提供についてはこちらをクリック




Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA