宮ノ陣神社(将軍梅。懐良親王の陣跡)

●宮ノ陣神社(将軍梅)
住所:福岡県久留米市宮ノ陣5-12-1(字 宮瀬)
駐車場:あり

 正平14(延文4,1359)年、後醍醐天皇の皇子・征西将軍宮懐良親王が菊池氏、名和氏などを率いて少弐頼尚ら北朝の軍勢とぶつかった筑後川の戦い(大保原の戦い)で懐良親王が陣を敷いた場所が宮ノ陣と呼ばれるようになった。天正14(1586)年、筑前岩屋城攻めから帰陣する島津家の重臣・上井覚兼が「高良山領宮之路」に泊まっている。近世には宮地(みやのじ)村になった。
 明治12(1879)年頃、高良神社の宮司・船曳鉄門ら有志が久留米市合川町に小さな祠を建てて懐良親王の甥・良成親王を祀る。明治21(1888)年現在地に移転し、明治35(1902)年に社殿を改築した。明治44(1911)年には懐良親王の霊も合祀している。

(鳥居)
鳥居

(参道)
参道

(拝殿)
拝殿

(本殿)
本殿

(御神牛というらしい)
御神牛

(将軍梅。懐良親王の御手植の紅梅という伝承がある。最初の木が枯れたため、ひこばえ(切った草木の根や株からはえ出た芽)を繰り返して現在のように広がったと考えられている)
将軍梅

将軍梅

将軍梅

(明治33(1900)年、皇太子だった大正天皇が参拝されて松を御手植された)
御手植の松

参考文献:筑後志、久留米案内、久留米市誌 上編、久留米公式観光サイト ほとめきの街、福岡県の歴史散歩、福岡県の地名、現地の説明板

感想:大正天皇が松を御手植されたことを『久留米案内』は「千萬年の後に至るまで三井郡(当時ここは三井郡宮ノ陣村だった)の一角に大光輝(大きな名誉or大きな輝き)を加えたりと云うべし」と讃えています。戦前なので当然ですが表現がオーバーで笑ってしまいました。
 この日はゴールデンウィークなのに真夏のように暑く仕事でも悩み事があったため参拝に集中できませんでした。



昌光山宗勝寺(乃美宗勝夫妻の墓)

●昌光山宗勝寺
住所:福岡県福岡市東区下原5丁目892
駐車場:あり

 曹洞宗。永禄12(1569)年、小早川隆景の右腕・乃美宗勝(浦宗勝)が妻の菩提を弔うため城代を務めた立花山城の城下に創建した。当初は真福寺と号していたが天正20(1592)年に宗勝が亡くなると宗勝寺に改号している。近世に焼失したが再建された。

(入口)
入口

(山門と参道)
山門と参道

山門と参道

(神社)
神社

(鐘楼)
鐘楼

(本堂)
本堂

(八十八ヶ所。ここを通って乃美宗勝夫妻の墓に行ける)
八十八ヶ所

八十八ヶ所

(墓に行く途中、堀のようなものがあったが「福岡県社寺図録曹洞宗 昌光山宗勝寺境内之図」を見ると小早川隆景を祀る堂の跡・・・?)
小早川隆景を祀る堂の跡

小早川隆景を祀る堂の跡

小早川隆景を祀る堂の跡

小早川隆景を祀る堂の跡

(乃美宗勝の重臣5人の墓)
乃美宗勝の重臣5人の墓

(乃美宗勝夫妻の墓。向かって左が宗勝で、右が妻の墓)
乃美宗勝夫妻の墓

参考文献:福岡県の地名、九州産業大学図書館福岡市の文化財

感想:ご覧の通り乃美宗勝夫妻の墓は山の中にあるので履き物は選んで参拝した方がいいです。



善風塚跡(筑後川の戦いで戦死した七人の武将の墓跡)

●善風塚跡
住所:福岡県小郡市大保1394(大原小学校内)
駐車場:大原小学校に駐車場があるが利用して良いか不明

 延文4(正平14,1359)年、筑後川の戦い(大保原の戦い)で南朝側の菊池武光等の軍勢と北朝の少弐頼尚等の軍勢がぶつかり、5,400以上もの戦死者が出た。後年、南朝と北朝の両軍で遺骨を集めて葬り善福寺(善風寺とも)を現在の小郡市三沢に建てて供養する。
 両軍の指揮官クラスの七人の武将の遺骨は特別に方形の塚を建て、その下に埋めて墓とした。これが善風塚(小善風と大善風)と呼ばれたが、明治時代から昭和時代に開拓や宅地化が進み更に九州鉄道(現在の西日本鉄道)の線路が通ったため失われた。善福寺も戦国時代の混乱で衰退し廃寺となっている。
 現在は4基の塚があった小善風跡は「希望の森」になっている。小学校の南に3基の塚があったという大善風跡の現在の状態は不明である。

善風塚跡

善風塚跡

善風塚跡

善風塚跡

参考文献:小郡市史跡案内 第2版、懐良親王と三井郡、小郡市埋蔵文化財調査センター福岡県の観光/旅行情報サイト「クロスロードふくおか」、小郡市埋蔵文化財調査報告書第263集「三沢寺小路遺跡6」、臨牀と研究 第69巻 第11号(平成4年11月号)

感想:休日でしたが学校内でしたので、学校などに事前の許可を取って入りました。
 善風塚跡を西に300メートル進むと陸上自衛隊 第5施設団 小郡駐屯地がありますが、門衛が夜に塚跡から白い鎧をつけた武士が出てきて前を通ったと言い出し複数人が見たと噂になったため、陸上自衛隊と小郡市で墓前祭を行ったそうです。