掛かって、逃げて、どっち付かず

 天王寺・岡山での最終決戦毛利勝永真田幸村が奮戦したために徳川軍の旗色が悪くなった。この際、旗本には奮戦した者とうろたえる者があり、秀忠の重臣三人は「掛かれ対馬(安藤重信)」「逃げ大炊(土井利勝)」「どっち付かずの雅楽頭(酒井忠世)」と呼ばれ、世間の物笑いの種となっている。(『山本豊久私記』)

Copyright (C) 2003 Tikugogawa.