開雲寺(徳川家光の休泊所)

住所:栃木県下野市石橋284ー1

 真言宗。781年に創建される。最初、寺号は東光寺だったが、1502年に宇都宮成綱が多功満朝に命じて現在地に移した際、開雲寺に改めた。江戸時代には徳川家光が御殿を設け日光東照宮参拝の休泊所にしている。
 南北朝時代に作られた本尊の阿弥陀如来座像は秘仏で、毎年8月11日のみ見ることができる。

(観世音菩薩)

(仁王門)

(1971年に再建された本堂)




写真の提供についてはこちらをクリック