刀筒から…

 大坂冬の陣の時、本多成重は出陣に際して30人いた歩兵の内20人に刀筒を持たせ、大坂に着くと小屋の前に並べさせた。その後、歩兵が刀に異常が無いかどうか調べると中身は白米だった。
 これを知った徳川家康
「陣中では一人を五人分にも使うものだ。侍に道中、文句も言わせず兵糧を運ばせたのは年の功だ」
 と笑って褒めた。(『異本大坂記』)

管理人・・・侍は、兵站の仕事は下賤の者が行なうものとでも思っていたのでしょうか。

UPDATE 2013年1月26日
Copyright (C) 2013 Tikugogawa.