薄田文右衛門

(すすきだぶんえもん)

生没年:?〜1642年/ 身分:豊臣家の家臣/ 官位(通称、号):文右衛門

兼相の墓
大阪市天王寺区生玉寺町5ー24の増福寺にある兄・兼相の墓

 祖父は織田信長の家臣で本能寺の変で討死した薄田景宗。薄田兼相の弟にあたる。兄と共に豊臣秀頼に仕えたが、大坂の陣が起こっても幼少のため戦闘には参加せず落城後紀伊に逃れた。後に浅野家に召抱えられ沢と改姓させられる。浅野家の安芸広島移封に従い500石を与えられた。1642年2月死亡。

管理人・・・兼相に弟がいて生き残っていたとは、、、。

参考文献:和歌山県史

UPDATE 2003年3月27日
Copyright (C) 2003 Tikugogawa.