周防長山城(毛利氏の城)

●周防長山城
住所:山口県山口市亀山町8
駐車場:あり
遺構:濠?
標高:66メートル/比高:33メートル

 築城年代は不明。天正16(1588)年、毛利輝元が仁保元忠を城番に命じた。慶長元(1596)年、毛利秀元が城主となり修築を開始したが、関ヶ原の戦い後に長府に移封されたため廃城になったようである。
 明治22(1889)年、伊藤博文ら長州藩士によって城址に毛利敬親銅像建立が立案され全体が公園化された。

(全景。ただの公園で城だった雰囲気は高台にあるくらい)
全景

(毛利敬親公之像)
毛利敬親公之像

(公園から見た瑠璃光寺五重塔)
瑠璃光寺五重塔

(昭和19(1944)年に金属供出で毛利元徳の像などが撤去され、台座だけがいくつか残っている)
台座

(大内義長裁許状。ザビエルが義長と謁見した際、与えた教会建立の裁許状を写した本から、更に写し取って碑にした)
大内義長裁許状

感想:山口県立美術館の池が濠の跡らしいのですが見てないです。
 訪れた日が8/6で南に建つ山口ザビエル記念聖堂から広島の方への鎮魂のために大きなサイレンが鳴ったのを覚えています。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA