筑後守 について

過去の著書 ○もっと知りたい! 長宗我部元親 ○戦国武将の意外な関係 ○「戦国合戦」 意外・驚きエピソード ○大坂の陣・なるほど人物事典

亀之丞の隠れ岩(井伊直親の逃亡の地)

●亀之丞の隠れ岩
住所:静岡県浜松市北区引佐町伊平
駐車場:不明

 永正14(1545)年(天文13(1544)年とも)、井伊家の重臣・小野和泉守政直の陰謀によって井伊直満が今川義元の命で殺される。直満の息子で井伊直虎の婚約者・亀之丞は身の危険を感じた家臣らによって井伊谷から連れ出され、長野県下伊那郡高森町の松源寺に向かう途中、この岩に隠れて一夜を過ごしたという。

(入口。ここから550メートルあるらしい)
入口

(旧道の鳳来寺街道にある元禄9年の道標。遠江地方で2番目に古い道標らしい)
道標

(道が結構荒れていたが所々で案内があるので迷うことはない)
道

(隠岩)
隠岩

隠岩

隠岩

参考文献:現地の案内板、松源寺公式サイトいだいら観音の里

感想:逃亡の際、見つからないように亀之丞は叺(かます。わらむしろを二つに折り、左右両端を縄で綴った袋。穀物、菜、粉などを入れるのに用いる)に入れられたそうです。
 ここは山城のような場所にあり軽装で行くには危険でした。



井伊谷城(井伊城。井伊氏の居城)

●井伊谷城(井伊城)
住所:静岡県浜松市北区引佐町井伊谷(字 城山)
駐車場:あり
遺構:曲輪、土塁、虎口
標高:112メートル/比高:71メートル

 井伊氏の居城。南北朝時代は麓の居館と井伊谷城が平時の住まいで、詰の城の役割は三岳城が担っていた。その時代の史料にある井伊城は三岳城を指している。戦国時代になると麓の居館に対して井伊谷城が詰の城となる。天正18(1590)年、井伊直政が主君・徳川家康の移封に従って関東に行くと廃城になったという。

(駐車場の案内看板。決まった場所に駐めましょう)
案内看板

(全景)
全景

(現在は公園になっており大河ドラマもあったことから登山道が整備され非常に登りやすい。途中に曲輪のような場所があったが山頂以外は後世の削平地で遺構ではないようだ)
削平地

削平地

削平地

削平地

(山頂に到着。写真は下の井伊谷城跡遺構復元平面図の北にある岩の箇所(御所の丸))
御所の丸

御所の丸

(土塁)
土塁

(南にある一段下がった曲輪。家族連れの憩いの場になっていた)
一段下がった曲輪

一段下がった曲輪

一段下がった曲輪

(南西の虎口)
虎口

(山頂から南(浜名湖方面)を望む)
浜名湖方面

参考文献:現地の案内板、浜松情報BOOK、静岡県の地名

感想:お盆に行ったので山城にも関わらず人が多かったです。

(井伊谷城跡遺構復元平面図。クリックすると別のタブが開きます)
井伊谷城跡遺構復元平面図


掲載の縄張図について


第五回 尼子再興の旅 レポート

第五回 尼子再興の旅 レポート

 2024年6月29日(土)、今回の第五回 尼子再興の旅(尼子再興450周年実行委員会 第5回イベント史跡巡り)は亀井茲矩に関係した史跡に行くことになり鳥取県鳥取市鹿野町に来た(一部、気高町もあり)。今回は主催のメインはエコシエーターさん、事務局と説明は私(筑後守)。

 9時半に全員が道の駅に集合。前日と翌日は大雨だったが当日だけ奇跡の晴れ。亀井さんが見守ってくれていたのだろう。

1.鹿野城。言わずと知れた亀井茲矩の居城。

(二の丸。ここに大きなアオダイショウがいた。あとで調べたら無毒だった。寺のように見える建物は鳥取市立鹿野学園の食堂らしい)
二の丸

(鹿野城から見た鹿野の街並みと日本海)
鹿野の街並みと日本海

(鹿野城の中腹にある城山神社。亀井茲矩を祀る。ここの神輿が町内を進む鹿野祭りは有名。神輿の造りが見事で皆が魅入っていた)
城山神社

城山神社

城山神社

城山神社

(麓に行ったら山中鹿介の像らしきものがバラバラになっていた。阿井の渡しで毛利氏によって処刑されたのだろう)
山中鹿介の像

山中鹿介の像

山中鹿介の像

山中鹿介の像

・鹿野往来交流館 童里夢。亀井茲矩ゆかりの御城印や武将印、大人気ゆるキャラ・これのり君のグッズなどが販売されている。何人かが物品を購入されていた。
鹿野往来交流館 童里夢

鹿野往来交流館 童里夢

 本当はこの後、喫茶アイガーに行くつもりだったが今日は貸し切りだったため、参加者の地元の方の提案に従って町内の店まで案内していただいた。

(牛を繋ぐための牛つなぎ石。広島県世羅町で見た記憶がある)
牛つなぎ石

(鹿野祭りで神輿を通すために電柱を曲げてあるらしい)
電柱

(昼食は「夢こみち」のすげ笠ご膳。地元の食材がふんだんに使ってある)
夢こみち

夢こみち

夢こみち

(昼食前に平吾菓子舗で買ったお菓子。翌日、美味しくいただきました)
お菓子

2.幸盛寺。亀井茲矩が叔父・山中鹿介幸盛の菩提を弔うため現在地に移して改号した。
幸盛寺

幸盛寺

3.譲伝寺。亀井家の菩提寺。近世には因幡北部の曹洞宗の中心として栄え「因幡に過ぎた譲伝寺」と呼ばれていた。呼ばれるだけのことはあり、伽藍の大きさに参加者は圧倒されていた。詳しくは書けないが、急遽ここで大事なものを見せていただいた。

(伽藍)
伽藍

伽藍

(お寺の方のお話によると本堂の本尊と城が一直線になっているとのこと。地図で見てみたら実際にそうだった。愛知県岡崎市の大樹寺から岡崎城のビスタラインと同じだ)
ビスタライン

4.布勢の清水&飛脚塚。内容については布勢平神社(布勢の清水・飛脚塚)を参照。
 飛脚塚の話は引いている人がいた・・・。自分も最初聞いた時は引いたけど。布勢の清水は実際に触ってみると冷たく避暑にはぴったりの場所だった。

布勢の清水

飛脚塚

5.亀井茲矩の墓。参拝しようとしたら通りかかった地元の方が「最近、墓の辺りを伐採したから景色がよくなったよ」と言われた。墓まで行ってみたら南側が綺麗になっていた。ありがとうございます!
 初めて参拝する参加者は墓の大きさに驚いていたようだった。

(3枚目の写真の右側が鹿野城らしい)
亀井茲矩の墓

亀井茲矩の墓

亀井茲矩の墓

6.加知弥神社。亀井茲矩の崇敬が篤かった。
加知弥神社

加知弥神社

 最後は道の駅に戻って終了。最後に全員でアイスを食べた。
アイス

今回の感想
 ・思っていたよりも地面が濡れていなかった
 ・参加者に地元の方がおられて本当に助かった
 ・参加者に寺社に詳しい方がおられて本当に助かった
 ・素人のイベントなので助け合いながら進めましょう
 ・主催合わせて6人だったが、ちょうど良い人数だった
 ・晴れて良かった!
 ・今回も素人が主催の集まりに来て下さった皆様、誠にありがとうございました!
 ・行き先は未定ですが6回目も予定しているのでよろしくお願い致しますm(_ _)m