筑後守 について

過去の著書 ○もっと知りたい! 長宗我部元親 ○戦国武将の意外な関係 ○「戦国合戦」 意外・驚きエピソード ○大坂の陣・なるほど人物事典

大内氏館跡(龍福寺)

●大内氏館跡(龍福寺)
住所:山口県山口市大殿大路117-61
駐車場:あり

 正平15年(1360)頃、大内弘世が大内御堀から当地に館を移し領地の政治・経済の中心とした。
 大内氏滅亡後の弘治3(1557)年、毛利隆元が山口市白石にあった竜福寺を館跡に移し大内義隆の菩提寺とする。その堂宇は明治14(1881年)に焼失したが、のちに再建された。現在は館の復元整備がされている。

(山門と参道)
碑

山門

参道

(豊後石。館に築庭した岩は全て豊後から持ってきたものだったが雨の夜になると「豊後に帰りたい」と泣いていたという)
豊後石

(大内氏の始祖で星の王子様である琳聖太子から大内義隆までの歴代当主を祀る宝霊神社。大内義長は当主として数えられてないようだ)
宝霊神社

(大内義隆主従の供養塔)
大内義隆主従の供養塔

大内義隆主従の供養塔

大内義隆主従の供養塔

(龍福寺本堂)
龍福寺本堂

龍福寺本堂

(龍福寺資料館前にある大内義興像。中国地方内で台頭し調子こいていた尼子経久を懲らしめている)
大内義興像

大内義興像

(資料館内にあった人形。大内義隆、毛利元就、毛利隆元だと思うが忘れた。お賽銭がたくさんあった)
人形

人形

(枯山水庭園跡と復元された池泉庭園)
庭園

庭園

(復元された土塁)
土塁

土塁

土塁

(復元された西門)
西門

感想:1度目は整備前、2度目は整備後に行きましたが、すっかり変わっていました。こういった整備なら歴史好きの方からも満足されると思います。





冬の鳥取城

●冬の鳥取城

 2022年1月9日、鳥取県立博物館で講座があったため、その前に運動で鳥取城に登った。

(鳥取城全景と吉川経家の像)
吉川経家

鳥取城

(復元された門には、まだ門松があった)
門松

(中仕切門から二の丸に行く)
中仕切門

二の丸

二の丸

二の丸

(一応、天球丸の巻石垣は見た)
巻石垣

巻石垣

(正規ルート? の稲荷神社から登る。至る所に「クマ注意」の看板が立っていた)
入口

入口

入口

(登るとすぐにある八幡宮跡)
八幡宮跡

八幡宮跡

八幡宮跡

(五合目に建つ久松御坂大権現)
久松御坂大権現

久松御坂大権現

(八合目辺りにあった山伏の井戸。何度も登っているのに今回初めて気がついた)
山伏の井戸

(山頂に着いたけど、立ち入り禁止になっていたところが多くあまり見学できなかった)
山頂

山頂

山頂

(山頂からの景色。奥の方は平地でも年末年始の雪が残っているところが多い。在郷だな・・・)
景色

景色

景色

感想:次回は別のルートから登ってみます。
 歴史についての詳しいことは『山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編』を参考にしてください。

(縄張図)
縄張図





三が日の伯耆尾高城

三が日の伯耆尾高城

 2022年1月3日、何となく尾高城に行ってみた。

(南大首郭)
南大首郭

南大首郭

南大首郭

南大首郭

(南大首郭と方形館の間にある堀)
堀

(南大首郭と中の丸の間にある堀)
中の丸の間にある堀

中の丸の間にある堀

(中の丸郭。山中鹿介幸盛が捕らえられ幽閉された場所として知られる)
中の丸郭

中の丸郭

中の丸郭

(中の丸郭と、尾高城から少し離れたところから見た大山)
大山

大山

(本丸は入れなかったため、昔入れた時の写真を載せておく)
本丸

本丸

本丸

(現在、天神丸にはレストランや宿泊施設になっている『シャトーおだか』が建っている。施設には野生の狐が紛れ込んでおり何度も遭遇した)
天神丸

狐

天神丸

(天神丸に立つ碑。何を伝えるのか何に感謝しているのか不明である)
碑

碑

感想:駐車場が更に整備されており気軽に行けるようになっていました。
 歴史についての詳しいことは『山陰の戦国史跡を歩く 鳥取編』を参考にしてください。

(縄張図)
縄張図