筑後守 について

過去の著書 ○もっと知りたい! 長宗我部元親 ○戦国武将の意外な関係 ○「戦国合戦」 意外・驚きエピソード ○大坂の陣・なるほど人物事典

土佐安芸城(安芸土居、安芸氏の居城)

●土佐安芸城(安芸土居、安芸氏の居城)
住所:高知県安芸市土居
駐車場:あり
遺構:曲輪、土塁、堀切、濠
標高:39メートル/比高:25メートル

 安芸平野の中央の位置し東に安芸川が流れる。蘇我赤兄(そがのあかえ)の子孫を名乗る安芸氏の居城で延慶元(1308)年に安芸親氏が築城したと伝わる。戦国時代になると西に侵攻する安芸国虎が東から侵攻してきた長宗我部元親と激しく争うが、永禄12(1569)年に安芸城を落とされ国虎は自害した。その後、元親の弟・香宗我部親泰、元親の四男・盛親、家臣の岩神氏が入っている。
 慶長5(1600)年の関ヶ原の戦いで長宗我部氏が改易され山内一豊が土佐を支配すると、家臣の五藤氏が当地に安芸土居を築いた。現在は遺構内に歴史民俗資料館などが建設されている。

(安芸土居の食い違い虎口)
虎口

虎口

(濠)
濠

濠

(後藤家顕彰碑)
顕彰碑

(後藤家を祀る藤崎神社)
藤崎神社

(安芸城の三の段)
三の段

(安芸城の二の段)
二の段

(虎口?)
虎口

(安芸城の主郭。土塁があった)
主郭

主郭

(北の段)
北の段

(安芸城から見た安芸市の街並み。右側はかつて川だったような雰囲気がある)
安芸市の街並み

(毒井戸跡。『土佐物語』には安芸城攻めの最中、元親に内通した横山民部が毒を投げ込み落城を早めたとある。後ろに見えるのが歴史民俗資料館)
毒井戸跡

感想:安芸城を落とした香宗我部親泰が安芸氏に改姓しようとしたが、香宗我部一族や家臣に止められて安芸守を名乗ることにしたという話を読んだ記憶があります。しかし出典を覚えていないです。





上長谷城(武光兵庫の居城)

●上長谷城(武光兵庫の居城)
住所:高知県幡多郡三原村上長谷
駐車場:近くに駐車スペースあり
遺構:曲輪、竪堀、土塁、堀切
標高:200メートル/比高:50メートル

 長宗我部元親の幡多郡侵攻によって滅ぼされた武光兵庫の居城だったと伝わる。

(竪堀)

(東の郭と土塁)

(曲輪の間にある堀切)
堀切

(城址碑と主郭)
城址碑

主郭

主郭

主郭

(主郭の先にあった竪堀? 堀切?)
竪堀

(東端の曲輪)
東端の曲輪

感想:民家の裏だったので地元の方の許可を取って登りました。





石見三之瀬城(津和野城の支城)

●石見三之瀬城
住所:島根県鹿足郡吉賀町柿木村福川
駐車場:なし
遺構:曲輪、堀切など
標高:263メートル/比高:83メートル

 天文11(1542)年、吉見氏の家臣・斎藤助五郎が築城したという。南以外を福川川が流れ天然の濠となっている。長門と周防の国境近くにあり、安芸方面に向かう道もある要衝だった。天文23(1554)年に陶晴賢の軍勢が対立する吉見正頼を屈服させるため攻め込んで来た際、江良房栄の攻撃を受けるが助五郎が守り切ったと伝わる。だが房栄は吉見氏の居城・津和野城(三本松城)の攻撃に加わっていることから実際は落城したと思われる。

(入口。私有地っぽいが・・・)
入口

(一番南の曲輪)
南の曲輪

(南の曲輪の後ろの山稜を断ちきるための堀切)
堀切

(北に向かって段々に曲輪がある)
段々の曲輪

段々の曲輪

(木がなければ北から攻めてくる敵が一望できたのだと思う)
一望

(全景。手前から二番目の山だったと思う)
全景

参考文献:島根県の地名、柿木村誌 第1巻、西石見の豪族と山城、石見の中世城館、石見の山城

感想:訪問した頃は城にあまり興味がなく南側の堀切をじっくりと見てなかったです。残念。
 山陰の戦国史跡を歩く 島根編から割愛した史跡です。

(縄張図)
縄張図