令和4年正月の月山富田城

 正月に尼子ファンや広瀬町民が行うという伝統行事・正月山(しょうがっさん)を私も行ってきた。これは正月に月山富田城に登って尼子再興を願う元和年間から続く伝統行事で、正月が悪天候であればあるほど登頂の七難八苦に比例して再興が近づくと言われる。出典はない。

(全景と尼子経久の像)
自販機

全景

尼子経久

山頂

(今回は順当に道の駅の駐車場から尼子(塩冶)興久の墓を経由して登った。この堀とか見ていると、今更だが富田城ってすごい城なんじゃないかと思えてきた)
尼子(塩冶)興久の墓

堀

堀

堀

(馬乗馬場)
馬乗馬場

馬乗馬場

(今年の初詣になった尼子神社。尼子経久、晴久、義久と山中鹿介らなどが祭神である。それと千畳平)
千畳平

尼子神社

尼子神社

(「困難に立ち向かう勇気や負けない心を授かろう!」「七難八苦に負けないわ」 鹿介はキャラクター設定が観光、ゲームなどで一貫している)
七難八苦

七難八苦

(尼子氏之碑。近くに休憩所もありゆっくりできそうである)
尼子氏之碑

尼子氏之碑

尼子氏之碑

尼子氏之碑

(これがみんなが言っている山中鹿介雪盛の状態か)
山中鹿介

山中鹿介

山中鹿介

山中鹿介

(花の壇の建物は閉まっていた。年中無休だと思っていた)
花の壇

花の壇

花の壇

(堀切など)
堀切

堀切

堀切

(山中御殿と七曲がり。案内が割れとる・・・)
山中御殿と七曲がり

山中御殿と七曲がり

山中御殿と七曲がり

山中御殿と七曲がり

山中御殿と七曲がり

(山中御殿その2。めでたいですね。この後、デジカメの液晶が真っ暗になりフリーズしたので再起動(バッテリーの抜き差し)した)
山中御殿

山中御殿

山中御殿

山中御殿

(七曲がりの途中にある親子観音や山吹井戸)
親子観音

山吹井戸

(山頂から見える景色。中海、能義平野、広瀬の街並み、京羅木山など)
山頂から見える景色

山頂から見える景色

山頂から見える景色

(三の丸と二の丸)
三の丸と二の丸

三の丸と二の丸

三の丸と二の丸

(二の丸の小屋の中。大抵の方は主に山陰が遠いとか僻地とか交通手段がないなどのご都合があるので、月山の四季は見られないと思う・・・)
二の丸の小屋

二の丸の小屋

二の丸の小屋

二の丸の小屋

(本丸)
本丸

本丸

本丸

(本丸に建つ勝日高守神社に参拝。どこで注目を集めていたのだろうか)
勝日高守神社に

勝日高守神社に

勝日高守神社に

勝日高守神社に

(本丸から下りて三の丸を撮影した後、大土塁に行く)
三の丸

山中御殿

大土塁

大土塁

(巌倉寺の境内に建つ堀尾吉晴の墓と山中鹿介の供養塔)
堀尾吉晴の墓

山中鹿介の供養塔

(巌倉寺も参拝)
巌倉寺

巌倉寺

巌倉寺

巌倉寺

(最後は城の全体地形模型を心の眼で見て終了)
全体地形模型

感想:運動のために登ってみました。
 月山富田城と巌倉寺の歴史については『山陰の戦国史跡を歩く 島根編』を参考にしてください。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA