満願寺城

●満願寺城
住所:松江市西浜佐陀町

 城史には諸説あるが、第一次尼子再興戦で再興軍の城だったことは確実で毛利軍に攻められている。現在、城趾には満願寺や島根県警察学校が建っている。

(満願寺)
満願寺

満願寺

(満願寺にある玉椿。毛利元就が永禄7(1564)年、体調を崩して療養中に植えたそうな)
満願寺

(満願寺の裏にある満願寺城の堀や曲輪などの遺構。曲輪の先が崖になっており降りると宍道湖がある。この先に船着き場と思われる砂地があったのだが、急斜面だったので降りなかった)
遺構

遺構

宍道湖

遺構

(満願寺の墓地もかつては曲輪だったらしい)
墓地

墓地

墓地

墓地

(少し移動して日御碕神社の西の曲輪を散策。満願寺の墓地と繋がっているが、竹藪になっていたので進むことが困難だったため確認はしていない)
西の曲輪

西の曲輪

西の曲輪

西の曲輪

(警察学校の剣道の訓練を横目に見ながら西に移動。船着き場があったが、ここが当時から使われていたのかは不明)
船着き場

(西の曲輪群)
西の曲輪群

西の曲輪群

西の曲輪群

西の曲輪群

感想:城や寺の歴史についての詳しいことは『山陰の戦国史跡を歩く 島根編』を参考にしてください。

(ルートマップ)
ルートマップ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA