石上神社(大内氏ゆかりの神社)

●石上神社(いそのかみじんじゃ)
住所:島根県出雲市釜浦町358
駐車場:無し
 祭神は経都御魂命。創建年代は不明であるが。天文12(1543)年の第一次月山富田城攻めで撤退の最中に取り残されたと思われる大内義隆の一族が当地に隠れ住んでいた。その者が当社に霊験を感じて社殿を造営したという。天正年間(1573~92)に焼失したが、その後再建される。
 近世まで石上明神と称していたが明治初年に現在の社名となる。

(鳥居)
鳥居

(社殿)
社殿

社殿

(神社の前に広がる釜浦海岸)
釜浦海岸

感想:『山陰の戦国史跡を歩く 島根編』に載せる予定でしたが割愛した史跡です。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA