法専寺(石見小笠原氏ゆかりの寺)

●法専寺
住所:島根県大田市鳥井町鳥井744
駐車場:有り

 浄土真宗。小笠原長秀が守る山吹城が落ちた後、長秀の息子の四人は仏門には入る。その内の一人が石見銀山にあった真言宗の満願寺に入った。四世の常芸は石山本願寺に籠もって織田信長と戦い功があり現在の寺号を賜る(浄土真宗への改宗時期は不明)。のちに銀山での布教が上手くいかなくなったことから現在地に移転した。

(入口)
入口

(山門)
山門

(なんの建物だろう。宝物殿のように見えるが)
宝物殿

(鐘楼)
鐘楼

(本堂)
本堂

感想:小笠原氏の旧臣(石山本願寺合戦の際かもしれません)で、のちに大檀那になった宮脇家が墓地の高台にあり玉垣で囲われており目を惹きます。
 慶応の一揆の墓が一基あったらしいのですが分かりませんでした。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA