一宮神社(安芸庄一宮。長宗我部元親、盛親造営の神社)

●一宮神社(安芸庄一宮)
住所:高知県安芸市井ノ口甲1600

 祭神は応神天皇など。「文禄二年癸巳歳三月十八日建立 一宮大明神 長宗我部宮内少輔秦元親 同右衛門太郎秦盛親高麗在陣為祈念 奉行岩神孫之進」という棟札があることから、文禄2(1593)年の創建だといわれるが天正の地検帳で村名が一宮になっており、それ以前に安芸庄一宮として創建され元親らは修築を行ったと思われる。
 境内には当地出身の岩崎弥太郎が寄進した狛犬がある。神社周辺には一ノ宮万歳という民俗芸能があり、安芸城主・安芸国虎が正月に招いたという伝承がある。

(鳥居。向かって右の狛犬が岩崎弥太郎が寄進したものらしい)
鳥居

狛犬

(拝殿)
拝殿

(本殿)
本殿

本殿

本殿

感想:最初、間違えて同市黒鳥にある一宮神社に行きました。まさか一宮神社が二つもあると思わなくて。
 何か関係があるかもしれませんが資料がないので分かりません。


写真の提供についてはこちらをクリック




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA