兵庫県史跡巡り2010(2日目前半:洲本城・洲本八幡神社)

 2010年7月11日(日)、天気は良くないが梅雨なので仕方がないだろう。

12.洲本城(下の城)・・・洲本市山手1-1-27。蜂須賀家が淡路を与えられた当初、淡路の中心は由良成山城だったが城下町を形成するには手狭だった。そこで洲本に戻したが山城だった洲本城(上の城)は近世の統治をするには不便なため、新たに平城を築いている。それが洲本城(下の城)である。石垣などが残っている。

(碑)

(庚午事変を描いた小説「お登勢」の主人公・お登勢。NHKでドラマ化もされた。誰かに似ていると思ったらドラマで主役を演じられた沢口靖子さんでした。めっちゃ笑顔)

13.洲本八幡神社・・・洲本市山手2丁目1-10。蜂須賀氏及び稲田氏の祈願所だった。洲本城の一部が移築された金天閣がある。
感想:金天閣を写すのを忘れた・・・TT

(日本三名狸の一匹・芝右衛門)

(門)


 ここで淡路はお終い。そのまま帰っても良かったけど香川県を通った方が料金がほぼ一緒で距離も近いので、ついでに香川県の史跡も廻ることにした。結局また四国に来たよ・・・。

写真の提供についてはこちらをクリック




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA