東端城(永井直勝の居城)

住所:愛知県安城市東端町中縄手13-1

 1580年、三河大浜の豪族だった長田重元の長男・尚勝が築いた。1584年の小牧・長久手の戦いで池田恒興を討ち取った永井直勝が千石を与えられ兄・尚勝に代わって東端城主となる。1616年、直勝が上野小幡に移封されると廃城となった。
 現在は城跡に城山稲荷社が建てられている。

(鳥居)

(鳥居の右には城趾碑が建っていた。いつだったか忘れたが平成20年前後に新しく建てられたものだった)

(稲荷社の祠)

(稲荷社の鳥居と城の土塁)

(稲荷社の駐車場付近。このように一段高くなっている)

感想:居館城から郭内城に移行する時期の城跡らしいのですが、私には良く分かりませんでした。




写真の提供についてはこちらをクリック




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA