一色七郎邸跡

住所:愛知県田原市大草町前田

 足利将軍家と姻戚関係で渥美半島を治めていた一色七郎は応仁の乱の際、西軍に味方するため上洛した。しかし、その間に東軍に属した駿河の今川氏の助力を得た戸田氏が渥美半島に進出。七郎が京都から戻るとすでに渥美半島は戸田氏の支配下となっており、やむなく戸田氏と和解して当地に隠居した。
 七郎が没すると戸田宗光が宝憧寺を建立したが、現在は廃寺となり墓も長興寺に移されたため碑だけが残っている。

(全景)

(一色七郎墓跡の碑)

感想:全てを失い当地でひっそりと暮らした七郎の気持ちはどのようなものだったのでしょうか…。




写真の提供についてはこちらをクリック




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA