帰り道

 和議が成立した後、小荷駄隊は船場通りを通って帰るようにと徳川家康が命じた為、そこは見物の群集でごった返した。だが家康自身はそこを避けて城際を直に通り帰ったので、帰路を知る者はまれだった。後日、本多正純
「感心しました」
 と讃えると、家康は
「大坂城に甲斐の者が混じっていたら、この計略はうまくいかなかったはずだ。その場合は大和にでも向かっただろう。そのような理由を知る者がいなかったから成功したのだ」
 と答えたという。(『太平雑談』)

UPDATE 2012年6月21日
Copyright (C) 2012 Tikugogawa.