甲州流の戦術

 若江の戦いの際、井伊直孝軍は敵に攻められたが、二つに分かれ道を作り敵を通した後で左右から攻撃したため、敵は一人も逃げられず討死した。これは直孝の指図ではなく、もともと武田家の旧臣がこのような戦術を心得ていたからだった。(『古老夜話』)

UPDATE 2012年7月7日
Copyright (C) 2012 Tikugogawa.