長泰の信義

 大坂冬の陣の際、平野長泰は腹痛と称して参陣しなかったが、実は秀吉の恩を受けながら敵となるのをよしとしなかったからだ。長泰の息子・長勝は大坂城におり、父の言い付けで領地から兵糧を入れた。長泰は
「大坂へ行き長勝を連れ戻したい」
 と幕府に願い出たが許されなかった。あとでそれを知った人が長泰に尋ねた。
「たとえば大坂へ行っても連れ出すことができなかったらどうするのだ」
「そうなったら私も幸いと一緒に篭城する」
 長泰ははっきりと答えた。(『武功雑記』)

管理人・・・当時、長勝は生まれていませんでしたが、長泰が大坂に行こうとしたのは事実のようです。

UPDATE 2011年1月11日
Copyright (C) 2011 Tikugogawa.