小笠原政信

(おがさわらまさのぶ)

生没年:1607〜1640年/ 身分:下総古河2万石の大名/ 官位(通称、号):?

小笠原政信夫妻供養塔
千葉県市川市国府台3丁目10ー1の総寧寺に建つ小笠原政信夫妻供養塔

 小笠原信之(酒井忠次の三男)の息子。1614年に父が亡くなったため僅か8歳で家督を継いだ。大坂冬の陣では伯父・酒井家次と共に出陣したが美濃垂井で近江佐和山城の守備に回される。夏の陣でも家次と共に出陣したがやはり途中で伏見城の守備に回された。1619年に下総関宿に移封された。1640年7月2日死亡。戒名・為圭山瑞雲居士。

参考文献三百藩藩主人名事典

UPDATE 2004年5月4日
Copyright (C) 2004 Tikugogawa.